一緒にいる時間が長ければ、恋人でも夫婦でもマンネリ気味になるのは避けられないことかも。

とはいえ、事前に対策し、ときおりいつもと違う言動を織り交ぜていけば、良好な関係を保ちつづけられるはず。

そこで今回は、男性の星座別に、愛情の冷めかけていた妻に惚れ直す瞬間を占いました。

前編に引き続き、今回はてんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)までをご紹介します。

男性の星座で占う!妻への愛情が再燃するきっかけって…【後編】

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、結婚しても女性に夢を見るのをやめられないタイプ。

そのため、メイクやおしゃれに気を遣い、かわいらしくあり続けようとする妻にときめきます。

時間が経っても変わらない姿勢が、彼の心をつなぎとめるのでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

マイペースに見えて、じつは家族への深い愛情を抱いている、さそり座の男性。

その分パートナーへの疑いも強いところがあり、不誠実な態度をとっていると、「俺のこと、好きじゃないんじゃないか」と不安になるようです。

そして、その不安は嫉妬から「冷め」へと変わっていくので、本心で向き合うことが愛される秘訣と言えます。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、生活環境が変わっても将来の夢や目標を持ちつづけるみたい。

しかし、それを自分から言葉にするのは苦手なことが多いので、将来について一緒に話す機会を設けると安心してくれそう。

子どもの数や家の購入など、2人の共通を夢を追いかければ、いつまでもラブラブでいられるはず。

やぎ座(12/22~1/19)

自分のやるべきことに全力を注ぎ、かつ詮索されたがらない性格を理解されたがる傾向にある、やぎ座の男性。

家族のことを思って一生懸命に働くけれど、それが伝わらずに不幸になるという可能性も。

ときには「最近、手をつないでないよね」など、寂しさを暗にアピールして、彼を必要としていることを伝えてくださいね。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、自分のわがまま加減を理解しているタイプです。

そのために、結婚生活について1人であれこれ考えて突っ走りがちなところがあるので、2人の歴史や積み重ねてきた時間を振り返ってみるのがおすすめ。

一緒に過ごしてきた時間を思い出させれば、パートナーの存在に感謝すると同時に、愛おしさを感じるでしょう。

うお座(2/19~3/20)

優しい性格だけれど、ちょっと頼りない面が目立ちやすい、うお座の男性。

世間一般の「男らしさ」や「一家の大黒柱」といったイメージを押し付けられると、プレッシャーになりやすいみたい。

彼自身をしっかりと見て、ときにあなたがリードすれば、頼れる妻を話したくなくなるはず。

愛し方は変わっても

結婚当初の気持ちを保ちつづけるというのは、誰にとっても難しいことです。

大切なのは、恋の始まりとは違う種類の愛情を、お互いが持ちつづけるということ。

あなたがパートナーへの愛情を注げば、彼もそれに応えてくれ、家庭の円満や人生全体の幸福へとつながりますよ。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

【前編】男性の星座で占う!妻への愛情が再燃するきっかけって…