気になる彼に冷たい言葉やそっけない態度をされても、それだけで終わりと諦める必要はありません。

もしかすると、それが好意の裏返しという可能性もあるのです。

そこで今回は、男性の星座別に、本命の女性だけにする「あまのじゃくな言動」を占いました。

まずは前編として、おひつじ座(3/21~4/19)からおとめ座(8/23~9/22)をご紹介します。

男性の星座別!本命の女性についしてしまう「愛情の裏返し」【前編】

おひつじ座(3/21~4/19)

おひつじ座の男性は、子どもっぽい部分をいつまでも残しているタイプ。

心から好きな女性には、素直な態度が取れずに「お前ダメだなー」「ほんっとしょーもない女」など、とりあえずダメ出しをしてくるのだとか。

どんな形でもいいから興味を引こうとする、いわゆる「好きな子イジメ」ですね。

おうし座(4/20~5/20)

客観的な条件より、感覚的な「イイ!」を優先することが多い、おうし座の男性。

ぽっちゃり気味の女性を「かわいい」と思う傾向があるようで、つい「ちょっと太った?」「ぷにぷにしてておいしそう」など、からかいたくなるみたい。

でもその裏には、「触りたい」という本音が隠れているのかも。

ふたご座(5/21~6/21)

ふたご座の男性は、人付き合いが旺盛で、友達との集まりに積極的に参加しがち。

けれど、本命の女性が不特定多数の男性と出会いそうな集まりに行くのを知ると、自分のことは棚に上げてイラッとするそう。

「いいじゃん行けば、楽しいよきっと」なんて言うのは、愛と嫉妬からくる「行くな」の裏返しである可能性が高いです。

かに座(6/22~7/22)

片思い中は大好きな女性を優しく守りたいと思うところがある、かに座の男性。

自分から思い切ってアプローチをかけることができず、両思いと確信できるまでは精神が不安定になりやすいことも。

「男前だね」とか「自立してるね」と嫌みな感じで言ってきたら、頼られたがっているサインと言えます。

しし座(7/23~8/22)

しし座の男性は、露骨すぎる表現を本命の女性に言いがちなタイプです。

「ほんとお前バカだな」「ひとりでなんもできないじゃん」なんて言いながら、内心「俺がいないとダメだな、守ってやるよ」と思っていることも多そう。

さらにその奥には「大好きな彼女がいなくなったら、自分自身がダメになってしまう」という不安があるのだとか。

おとめ座(8/23~9/22)

細かい部分にもよく気がつくおとめ座の男性は、好きな相手ほど、いろいろ口出ししてしまいます。

素直に「その服似合ってる」と言えばいいものを「んー、ちょっと色味のバランスが悪いかな。よく見るとここに毛玉があるね」と、言えば言うほどにドツボにハマる傾向が強いです。

「一言多いな……」とイラッとするかもしれませんが、それだけあなたに関心を持っている証拠ですよ。

あまのじゃくな言動を受け止めて

どうでもいい男性からされたらイラッとする言動も、気になる彼の好意の裏返しと知ったら、見方が変わってきそうですよね。

あまのじゃくなふるまいを受け止めることで、安心感を与えれば、素直な愛情表現が増えてくるかも。

日頃の寛容さが、関係の発展に大きく貢献するでしょう。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

●【後編】男性の星座別!本命の女性についしてしまう「愛情の裏返し」