彼氏と過ごす時間のなにげない一言で、ウンザリさせてしまった経験のある女性もいると思います。

気持ちの伝え方によっては、好意が増すどころか冷めるきっかけになることもあるのです。

そこで今回は、男性が彼女の一途アピールにウンザリしたエピソードを3つご紹介します。

好意が冷めるきっかけに…男性が彼女の一途アピールにウンザリしたエピソード3選

「私のどんなところが好き?」

「彼女と付き合ったときに『私のこと好き?』って聞いてくるから『好き』って答えてたんです。

そしたら『どんなところ?』とか『どうして?』とかどんどん重ねて質問してきたときはウンザリしました」(27歳男性/食品メーカー)

相手を責める意図がなかったとしても、彼氏を質問攻めにするのはおすすめできません。

「どんなところが好き」と聞かれると、男性は彼女が納得する答えを探そうとするもの。

自分にそんなつもりがなくても、「こう言われたい」という期待があるように見え、困らせる原因になりがちです。

束縛の正当化に「好きだから!」

「元カノが束縛するタイプで『LINEの返信が遅い』とか『女性のいる飲み会にはいっちゃダメ』とかよく言われてたんです。

それでケンカになると『そういうことを言うのは好きだから!』って正当化をしてくるわけです。それにウンザリして別れました」(29歳男性/金融)

相手の予定を逐一聞いたり、ひんぱんに連絡を取ろうとしたり、行動を制限したり……。

そういった束縛を、自分の好意や思いやりを理由に正当化を図ろうとする態度は、それ以上の歩み寄りが不可能と判断され、別れの原因になってしまいます。

行為の出発点が強い愛情だとしても、相手の意見はしっかりと聞いて、2人にとって心地よい付き合い方を探しましょう。

「こんなことするのはあなただけ」

「『こんなことするのはあなただけだから』って彼女に言われたときは、すごく恩着せがましく感じてウンザリしました。俺は別に、そんなことを俺だけにして欲しいとは思ってないんですよね」(28歳男性/広告代理店)

彼氏のために自分から動いたとき、「こんなことをするのはあなただけ」と一途さをアピールするのも危険です。

まして、彼の要望に応えたときに言うのは考えものかも。

恋人のことを特別に思い、ほかの人にはしないことをするのも、言ってしまえば「当然」「お互い様」という意見もあるので、自らアピールすることではないと言えます。

自己満足のアピールは避けて

愛情表現の一環として、自分の強い思いを伝えたくなる気持ちは分かります。

しかし、何度をアピールされると、次第に男性も「もう分かったよ」とうんざりしてくるもの。

そのアピールが彼のためになるのかを考えてみましょう。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)