ぶりっ子って、男性に嫌われると思いますか?

それとも、やっぱりかわいく見せた方がモテると思いますか?

じつは、男性ってぶりっ子歓迎ですし、アラサーも例外ではありません。

さらに、ぶりっ子モードとサバサバモードと使い分けていくのが、大人のテクなんだとか。

そこで今回は、どんな状況で使い分けると、男性に効果てきめんなのかを解説していきますよ!

アラサー必見!「ぶりっ子」と「サバサバ」を使い分けてモテるテク♡

頼るときとお礼するときで…

「ねぇ~、おねがい!」と、上目遣いでおねだりするのは、20代まで。

それよりも、相手の能力を信じてサバサバした態度で頼るほうが、男性は「粋」に感じてくれます。

「コレ、得意だよね?」「〇〇してもらってもいい?」といった感じで友達っぽく、信頼感を全面に出して頼りましょう。

逆に、してもらった後は「わー!ありがとう!さすがねー!」「助かった~!うれしい!」と、キュンとときめくような雰囲気で喜んでみて!

これも信頼されていること、男として女性に頼られたことの両方で喜んでもらえるという大人のテク。

いずれ「この子と一緒にいたい」と思ってもらえる日も遠くないはずですよ。

かわいいものを見たときは…

いくつになっても「かわいいー!」とテンションを上げる姿は、男性にとってもかわいく見えるもの。

ただし、表現する際は大人なバリエーションを増やしていきましょう。

女性同士の間だけなら、共鳴のようにときめきを表現する「かわいいー!」ですが、男性には理解不能なことも。

「〇〇のところがかわいい」「この色がキレイ」など、具体的に表現してみて。

ときには落ち着いて魅力を語る姿が、あなたの魅力を感じてもらうことにつながるはずですよ。

結婚観はマジメに語る

結婚生活を夢見ることは誰にでもあります。

でも、ふわふわしたお花畑のような妄想は控えめに。

アラサーになったら、憧れたり夢に見たりではなく、結婚するために必要なことや起こりうる問題をしっかり考えておくほうがモテます。

しっかり現実を考えてくれている子の方が、男性は安心するもの。

また「なんとかなる」ではなく、現実的な課題を直視して、計画的に考えてくれる女性のほうが、結婚後も安心。

自分のためにも相手のためにも、結婚に関してはサバサバモードがおすすめです。

臨機応変に使い分けよう♡

ただかわいいと思ってもらうだけでは、アラサーの魅力は出し切れません。

ときにはクールに、ときにはかわいくを使い分けられれば「大人」の証です。

いろいろな表情が出せれば「この子のこと、もっと知りたい」「もっといろんな顔を見たい」と思わせられるはず。

あなたも、できることから始めてみませんか?

(山田あいこ/ライター)

(愛カツ編集部)