好意を寄せる男性が、恋に対してどのように向き合っているのか、気になる女性は多いと思います。

もしも彼が奥手なタイプなら、自分から関係を深めるために動く必要がありますよね。

そこで今回は、男性の星座別に、恋愛における奥手度合いを占いました。

前編に引き続き、今回はてんびん座(9/23〜10/23)〜うお座(2/19〜3/20)をご紹介します。

【後編】男性の星座別!彼の恋愛における「奥手度」は何パーセント?

てんびん座(9/23〜10/23)

【30%】

てんびん座の男性は、コミュニケーション能力に優れ、優雅で紳士的なふるまいができるタイプです。

好きな人ができれば、自分からアプローチに動くことが多いよう。

しかし、勝率の低い恋には及び腰になりやすいので、こちらからもサラッと好意を感じさせるといいかも。

さそり座(10/24〜11/22)

【80%】

傷つくところに敏感で、疑い深いところがある、さそり座の男性。

アプローチを始めるまでに時間がかかりがちなので、急かさずゆっくりじっくり仲良くなるのがおすすめ。

心を開いてもらえれば、少し積極性が増すはずです。

いて座(11/23〜12/21)

【10%】

いて座の男性は、相手の気持ちを考えるよりも、まず行動を始める傾向にあります。

ただ、その熱しやすく冷めやすい気まぐれな性格から、相手の反応が思わしくないとすぐに諦めることも。

変に焦らさず、アプローチを素直に喜ぶ反応が効果的です。

やぎ座(12/22〜1/19)

【80%】

軽やかな恋愛を苦手とし、堅物な一面がある、やぎ座の男性。

女心に疎く、アプローチの方法の悩みやすい人が多いみたい。

奥手な彼が好きなら、リードするよりも「〇〇について教えてほしいです」など相手の自尊心を高めるアプローチがいいでしょう。

みずがめ座(1/20〜2/18)

【70%】

みずがめ座の男性は、誰にでも優しい博愛主義な人が多いのだとか。

本気で好きな相手には接し方が一転し、あまのじゃくな態度を取ってしまう程度には奥手なよう。

そんな好意の裏返しも受け止めて、自分の個性をぶつけるのがおすすめです。

うお座(2/19〜3/20)

【50%】

恋をすると盲目になりがちな、うお座の男性。

好意を抱いた相手のことしか見えなくなり、自分から絡みに行きます。

でも、モジモジしたまま、一歩を踏み出せないタイプでもあるので、彼の好意を確信したら、自分から告白した方が早いかも。

スタイルを知って効果的なアプローチを

人によって、有効なアプローチも違えば、恋愛のスタンスも様々です。

気になる男性の恋愛に対する向き合い方を知れば、恋の成功率を上げられるはず。

彼のスタイルを見極めて、素敵な恋愛を手にしましょう。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)