「彼氏が欲しい」「こんな人と結ばれない」などと思って恋愛コラムを読んでも、ハードルの高いテクニックばかり……なんて経験はありませんか?

もしかすると、実践する前から「自分には無理」と諦めてしまう女性もいるかもしれません。

そこで今回は、特別な努力抜きにモテる存在になる方法を3つご紹介します。

高難度のテクニックは不要!愛される女性になるための3つの方法

人と接する仕事に就く

素敵な異性との縁を得やすい体質を作るには、思い切って営業職やサービス業といった、お客さんと接する機会の多い仕事に就くのがおすすめ。

仕事として人と関わるうちに、自然と素敵な笑顔が出てくる女性になるはず。

そうなれば、周りの男性に好印象を与えられるタイミングは一気に増えますよ。

自分の環境を大きく変えれば、そこで成長することがモテに直結することもあるのです。

幅広い知識を身につける

計算高いテクニック抜きに異性との距離が縮まる状況のカギになるのが、男性に「この子とは話が合う」と思ってもらうこと。

そのためには、あらゆる方面の知識を吸収するのが一番の近道です。

男性好みの話題に絞る必要はなく、社会情勢、経済、自然科学、スポーツなど、ジャンルを問わず知識を増やすことが重要です。

男性の中でも少数派の人が興味を持つ話題で意気投合できれば、「こんなに話が通じる人はいない!」と思われ、そのまま恋人候補になる可能性もありますよ。

新たな知識を仕入れることで、自然とその分野への興味が増し、そのように情熱を注ぐ姿は、男性の目に魅力的に映ること間違いなし。

ただの「いい人」をやめる

じつは、恋愛テクと無縁なのに異性を惹きつける女性というのは、いわゆる「いい人」ではないのだとか。

女性が男性に使う「いい人」が「どうでもいい人」であるように、誰にでも優しいだけでは男性にとって「いい人以上の何者でもない」ということが少なくありません。

男性は、自分の意見に共感してくれたり、斬新な考え方をしたりする女性に惹かれるもの。

主張がはっきりしている方が、その判断がしやすくなるので、男性の目に留まりやすくなるのです。

そのためには、自分を表現する人が集まりコミュニティに入ることがおすすめ。

周りの影響を受けて、ただの「いい人」を卒業しましょう。

環境を変えるのがポイント

いまいる場所で小手先のテクニックを磨くよりも、自分が身を置く環境を変えてしまった方が、素敵な男性に出会える可能性が高くなることは珍しくありません。

重要なのは、自分がいる場所で楽しく、そして情熱をもって過ごすこと。

意欲的に行動することが当たり前になれば、自然と素敵な恋愛が近づいてくるでしょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)