素敵な恋愛をするためには、付き合う前に相手の本質的な部分を見極めることがとても重要になります。

見た目や雰囲気だけで好きになって、その勢いのままのめり込むと、いずれ後悔するかもしれません。

そこで今回は、彼女を不幸にする、付き合うべきではないダメ男の特徴を4つご紹介します。

幸せにはなれなさそう…付き合うべきではないダメ男の4つの特徴

自分の非を認めない

「悪いことをしたと思っていても、謝らない男性ってちょっと無理ですね。もし付き合ったら、いつもこっちが嫌な思いをするのが目に見えています」(27歳女性/人事)

「ありがとう」と「ごめんなさい」が素直に言えない男性とは、一緒にいても嫌な気持ちになることの方が多いはず。

とくに、自分の非を認めない男性は、話し合いすらできないので、2人で良好な関係を築くことも難しいもの。

「自分は絶対に悪くない」という強い思いから、彼女を悪者にすることも少なくないでしょう。

メリットの有無で関わる人を判断する

「自分にメリットがある人としか付き合わない男性って、すごく腹黒いですよね。性格も悪そうな感じがするから、あまり近づきたくないです」(30歳女性/歯科衛生士)

メリットの有無や利用価値があるかどうかで、つねに人を判断する男性は、自分の利益だけを考えており、使えないと分かった途端に冷たく突き放す可能性も高いです。

都合よく使うだけ使って、役に立たなくなったら捨てる……なんてこと平気でしかねないので、パートナーにはおすすめできません。

自分の都合を最優先

「仕事で時間が取れないって言ってるのに、自分が暇だからって『遊びに行こう』とか言ってくる男は、ちょっと相手にできない。自分のことしか考えていないですよね」(26歳女性/インストラクター)

自分の都合を最優先に、相手の状況を考えない男性は、自分本位にしか物事を考えられない人の典型でしょう。

デートのときに、まず相手に予定や要望を聞いてからプランを考えるかどうかは、その後の付き合いにも関わる重要な部分ですよ。

自分の考えを押し付ける

「自分の意見を強引に押しつけてくる男は、本当に一番苦手なタイプです。そういう男性と一緒にいても、なにひとつ楽しくないですからね」(27歳女性/アパレル販売)

幸せな関係を築けるカップルや夫婦は、お互いが相手の意見に耳を傾け、2人で納得のいく結論を出そうと話し合うもの。

そもそも人の意見を聞かない、あるいは聞いても結局は自分の考えを押し付けてばかりの男性でないかは、きちんとチェックすべきポイントです。

自分が絶対だと思っている人とは、お互いに尊重することは難しく、あなただけが我慢させられるかも。

誠実さを見極めて

幸せな恋愛を手にするためには、もちろん交際後のお互いの努力や歩み寄りも大切です。

しかし、片方が無理をして合わせる必要のない、初めから尊重し合える人をパートナーに選ぶことも重要でしょう。

あなたのことを思いやってくれるのか、そこだけはチェックを疎かにせず、しっかり見極めてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)