年下の男性に好意を持っても、どう接すれば仲を深められるのか、悩んでいる女性もいると思います。

頑張りすぎても空回りしそうだし、苦手意識全開でぎこちなくなると避けられそうですよね。

そこで今回は、後輩の男性に「面倒くさい」と思われやすい女性の特徴を3つご紹介します。

いつの間にか「面倒な先輩」に…後輩の男性に引かれやすい女性の3つの特徴

愚痴をよく聞かされる

「先輩だから下手にアドバイスもできないし、ネガティブなことの聞き役ってたまにならいいけど毎日続くとしんどい」(26歳男性/販売)

「正直『愚痴言っている暇あるなら、仕事したら?』って思いますね(笑)」(23歳男性/運送)

誰しも日常的に不満が生まれることはありますが、その吐き出し方に注意しなければ、後輩の男性から距離を置かれる原因になります。

どんな場所でも、人は一緒にいて楽しい気分になれる人と行動を共にしようとするもの。

「先輩だから」愚痴に付き合っているということもあるので、ネガティブな発言は避け、お互いが精神的にリラックスできる付き合い方を意識しましょう。

男女で態度が違う

「女の子の前ではめっちゃ厳しいのに、男には甘い先輩がいるんですけど、そういう情報って女の子にもちゃんと入っているもんなんですよね」(25歳男性/美容師)

「最初から妙に馴れ馴れしかった女の先輩が、ほかの女の子の前ではすっごい怖い人だって知って、『嫌われたら俺もこんな態度取られるのかな?』って怖くなった」(29歳男性/飲食店)

異性の前では明るく親しみやすい印象なのに、同性を前にした途端、驚くほどに態度が変わる人は、本人が思っている以上に二面性を知られているもの。

とくに、異性の目でコロッと態度が変わる女性は、後輩の男性からしても「信頼できない厄介者」として警戒されがちです。

性別に関係なく、同じ態度で接する人の方が人望が厚く、人間的な魅力にもあふれているはずです。

気分で接し方が変わる

「気分屋が1番厄介じゃないかな。相手の顔色を読まなきゃならないので、『触らぬ神に祟りなし』スタンスで極力関わりたくない」(31歳男性/営業)

「さっきまでニコニコしたかと思えば、地雷を踏んでしまった途端に鬼のような形相になるので、『女心ってそんなに複雑?』って驚いちゃいます」(25歳男性/販売)

気分次第で態度が大きく変わる人と関わるのは、男性にとってもしんどいものなのだそう。

先輩という立場上、気持ちが緩んで上司や同僚には見せないような態度になることもあると思います。

しかし、決して友達ではない以上、相手に精神的な負担を与えないような意識が欠かせません。

いつも「笑顔で優しい」とまではいかなくても、気持ちのコントロールは大切ですよ。

後輩から愛される存在を目指して

気張らずに関われる相手だからこそ、後輩はあなたの素をよく見ている可能性があります。

知らない間に幻滅され、こっそり距離を置かれていた……なんてことにならないよう、定期的に自分の言動を見直すことも重要です。

いつも同じように好印象な接し方をしていれば、自然と後輩の男性から愛される存在になるはずです。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)