じつは男性が嫉妬しているとき、愛情表現にも似た行動でアピールすることもあるようですよ。

そこで今回は、じつは男性が嫉妬しているサインをご紹介します。

愛情表現じゃない?「じつは男性が嫉妬している」3つのサイン

突然手を強く握ってくる

「デート中に会社の同僚に会い、その場で立ち話をしていました。仕事上の付き合いで軽く話しただけです。

すぐに彼のもとに戻ったのですが、手をつなぐときの力がいつにもまして強かったのを覚えています」(27歳女性/公務員)

デートのときにいつも以上にスキンシップが増えたら、そこに隠されている彼の本音があるのかもしれません。

急に手を強く握ってきたり「いつもと違うな」と感じるところがあったら「どうしたの?」と優しく聞いてあげましょう。

そんなあなたの思いやりに彼も安心してくれますよ。

ひんぱんに連絡がくる

「私が転職したのもあって、彼からの連絡が増えました。

少しでも返事までの時間があくと『なにしているの?』とLINEが届くことも多くなりました。

最初は少し重く感じましたが、ある夜に『離れていっちゃいそうで不安』とメッセージがきて。

新しい職場は男性が多い職場なので、彼なりに浮気を心配してくれていたみたいです」(29歳女性/SE)

連絡の頻度が増えたり、電話の回数が増える。

デートに誘われることが多くなるのは、付き合っている女性からすると「強く求められている」という感じが嬉しくもありますよね。

そのまま受け止めるだけでなく、注目したいのは「どうして連絡が増えたのか」というところになります。

いつもと違う違和感は、早めに解消しておきたいものです。

急に優しくなった

「幼なじみの男性といまでも仲がいいのですが、それを見かねた彼氏が機嫌が悪くなり、しょっちゅう喧嘩していました。

ところが最近は、彼氏がいきなり優しくなって戸惑ってます。

理由を尋ねたら『いつも怒ってばっかりだと嫌われちゃうから』と話していました。

さらに『いい男になれば、他の男のところに行かないと思って』と言っていて、キュンとしました」(31歳女性/アパレル)

彼氏が優しいことは、誰だってうれしいですよね。

友達にも自慢できますし、自分が優しくされているぶんには都合がよく、恋愛になにも障害がないかのような錯覚に陥ります。

しかし、明らかに変化がある場合は「どうしたの?」と聞いてみることもおすすめです。

素直に話してくれない彼の場合は、自分も彼がしてくれているくらいの愛情を返したいですね。

彼の謎行動には理由あり!

男性の嫉妬は、急に始まるぶん「どうしたの?」と不思議に思う女性も多いでしょう。

女性のようにストレートに伝えたり「嫉妬しちゃった」と素直に伝えられないぶん、その感情をどう表現していいのかわからないのかも。

少しでも心あたりがあれば、早めに「嫉妬してる?」「直したいから、どこが悪かったか言って」と質問することをおすすめします。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)