「付き合うなら頼れる年上の人!」「やっぱり年下もかわいいな〜」なんて、誰しも好みの年齢差があるもの。

暦を基にした干支占いを使う、恋をするのに適した相手が年上か年下か、さらにはちょうどいい差まで分かるのだとか。

そこで今回は、男性と彼が恋に落ちやすい女性との年齢差を、干支別に占いました。

まずは前編として、子(ねずみ)年~巳(へび)年をご紹介します。

男性の干支別♡気になる彼が恋に落ちる女性との年齢差は?【前編】

子(ねずみ)年生まれ

子(ねずみ)年生まれの男性は、神経質で細かいところまで目がいくタイプです。

そのため、自分と年齢が近い女性には、「自分はできるのに、どうしてこの子はできないんだ」と粗が気になってしまうよう。

世代がちょっとずれたくらいの3歳年上の女性に、好意を抱きがちです。

丑(うし)年生まれ

マイペースな性格で、自分の価値観を大事にするところがある、丑(うし)年生まれの男性。

価値観が合っていれば、年下か年上かはそれほど気にしないみたいです。

あえて言うなら、微妙に世代が外れ、ちょっとした価値観の違いが気にならない4歳差の女性と好相性でしょう。

寅(とら)年生まれ

寅(とら)年生まれの男性は、ドラマティックな恋に憧れる傾向にあります。

そんな彼が、胸キュンからのジェットコースターラブに陥りやすいのは、5歳年下の女性なのだとか。

か弱くて守ってあげたい感満載の姿に、自分が白馬の王子様になる想像がしやすい年齢なのかもしれません。

卯(うさぎ)年生まれ

恋愛対象の幅が広い、オールラウンダーな一面がある、卯(うさぎ)年生まれの男性。

縁深い数字が絡む6歳年下か9歳年上の女性に、運命を感じそう。

どちらかと言えば、包容力あふれる年上の女性に、より魅了されやすいようです。

辰(たつ)年生まれ

辰(たつ)年生まれの男性は、年齢を重ねるごとに恋愛がうまくなっていくタイプ。

しかし、女心に疎い部分は意外と変わらず、すべて分かったうえで接してくれる7歳、または8歳上の女性に、安心感とフェロモンを感じるでしょう。

女性の扱いに慣れてきても、年上にリードされることを心地よく思っているのかも。

巳(へび)年生まれ

相性の悪い相手と付き合って、面倒な思いをしたくないと考えがちな、巳(へび)年生まれの男性。

未熟そうな年下を好まず、完全に年上感がある8歳上の女性にくらくらするみたい。

とはいえ、年下でも落ち着きと知性があればOKとなる可能性は高いです。

思いやりがあれば年の差なんて関係ない

一度好きになって付き合い始めれば、年の差なんて意識しなくなることも多いはず。

でも、ちょっと意見が食い違ったり、ケンカになったりすると、途端に世代の違いを感じることも珍しくありません。

とはいえ、事前に違いをよくチェックしておき、お互いへの思いやりが十分にあれば、なんの問題もないと言えます。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

●【後編】男性の干支別♡気になる彼が恋に落ちる女性との年齢差は?