大好きな彼に甘えたくなる瞬間は、誰にでも訪れるもの。

とはいえ、どんな反応が返ってくるか分からないと、不安から素直に甘えられなくなる女性もいると思います。

そこで今回は、男性の干支別に、彼の心に刺さる甘え方を占いました。

まずは前編として、子(ねずみ)年~巳(へび)年をご紹介します。

男性の干支で占う!彼の心に刺さる「愛が深まる甘え方」って?【前編】

子(ねずみ)年生まれ

子(ねずみ)年生まれの男性は、ちょっとした思いやりやプレゼントを重ねることを好むタイプです。

ただ、ひんぱんに贈り物をしたいと思うと同時に、それにかかる金額が気になるみたい。

そのため、彼女から高価でないものを「これいいなぁ」と言われると、「(よし、買える!)もちろん!」と喜んで応じる可能性が高いです。

丑(うし)年生まれる

どっしりとした安定感のあるふるまいが特徴で、物理的にもドーンと構えがちな、丑(うし)年生まれの男性。

彼の懐に入るように体重を預けると、体全体で甘えられているように感じ、胸キュンするようです。

自分からハグすることはなくても、寄り添ってくれる彼女の存在に幸せをかみしめます。

寅(とら)年生まれ

寅(とら)年生まれの男性は、穏やかな性格の内側に激しい情熱を秘めているところがあります。

ドラマティックかつロマンティックな恋愛に憧れており、ムードたっぷりの甘え方に気分が高まりそう。

耳元で「お願いがあるの……」とつぶやかれたら、彼女のためになんでもしてあげたくなるかもしれません。

卯(うさぎ)年生まれ

世渡り上手な一方で、早とちりをしやすい一面もある、卯(うさぎ)年生まれの男性。

彼が失敗して気まずそうにしているところを、「まったくもう……じゃあ、代わりに〇〇やって」と、フォローしながら交換条件を出すのが効果的なのだとか。

気遣いと抜け目ない印象に、「かわいいこと言う!」とキュンとするはずです。

辰(たつ)年生まれ

辰(たつ)年生まれの男性は、物事をストレートに受け止めすぎる傾向にあり、女性の微妙な甘え方には気づかないことも少なくないよう。

そんな彼には、回りくどいことはせず、直接的な表現で甘えるのがおすすめ。

してほしいことを伝えるどころか、「……甘えてもいい?」とド直球に訴えるのもアリでしょう。

巳(へび)年生まれ

心を開くまでに時間がかかり、用心深く接しがちな、巳(へび)年生まれの男性。

大胆に甘えても引かれる可能性がありますが、そっと彼の服の袖をつかみ、遠慮がちにお願いごとをすると、案外受け入れてくれるかも。

謙虚な姿にキュンとして、心の距離がグッと縮まるきっかけになりそうです。

2人の仲を深めるきっかけに

女性が自分に甘えてくれることを、打ち解けてきた証拠としてうれしく思う男性は少なくありません。

気になる彼に効果的な甘え方をリサーチして、距離を一気に縮めましょう。

また、それに対する彼のリアクションをよく観察すれば、2人の関係性をどう思っているのかまで見抜ける可能性もありますよ。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

●【後編】男性の干支で占う!彼の心に刺さる「愛が深まる甘え方」って?