大好きな彼に甘えたくなる瞬間は、誰にでも訪れるもの。

とはいえ、どんな反応が返ってくるか分からないと、不安から素直に甘えられなくなる女性もいると思います。

そこで今回は、男性の干支別に、彼の心に刺さる甘え方を占いました。

前編に引き続き、今回は午(うま)年~亥(いのしし)年をご紹介します。

【後編】男性の干支で占う!彼の心に刺さる「愛が深まる甘え方」って?

午(うま)年生まれ

午(うま)年生まれの男性は、気さくな性格で、困っている人を見ると「どうしたの?」とつい気にかけるタイプです。

そんな彼の手助けしたいタイミングが見えたら、すかさず乗っかるのがおすすめ。

人助けしたい気分の彼に甘えて頼ることで、シンプルにうれしさを感じてもらえるはずです。

未(ひつじ)年生まれ

積極的にアプローチをかけることは少なく、気弱なところがある、未(ひつじ)年生まれの男性。

自分から女性に近づこうとはしないけれど、じつは寂しがり屋なため、優しくされるとそれだけで胸キュンするかも。

さらに、「一緒にいると楽しい」「もっと会いたい」などと甘えられると、「必要とされてる!」と喜んでくれるでしょう。

申(さる)年生まれ

申(さる)年生まれの男性は、ふとした瞬間にも女性をランク付けする傾向があるのだとか。

自分がそうであると自覚しているからこそ、女性から一番をもらえることがうれしいのです。

2人きりのとき、そして彼だけに甘えることで、彼もあなたを特別な存在として意識します。

酉(とり)年生まれ

合理的な思考をしがちな、酉(とり)年生まれの男性。

彼女の誕生日のような、甘えてOKなシーンでも、回りくどいことをしない姿にときめくみたい。

プレゼントは「〇〇が欲しい」とはっきり言葉にし、そこに「あなたからもらいたい」と添えられたら、顔には出なくても気分は盛り上がっていそう。

戌(いぬ)年生まれ

戌(いぬ)年生まれの男性は、意外と安定志向で、危ないことには近寄ろうとしないタイプ。

常識を守ろうとする姿勢の裏には、急な刺激への弱さが隠れているのかも。

上目遣いで甘えられたり、腕を組まれたりすると、すぐに心を奪われ、言うことを聞いてしまう可能性があります。

亥(いのしし)年生まれ

自分の思うがままに行動したがることの多い、亥(いのしし)年生まれの男性。

好き勝手にふるまう一方で、ときおり束縛されることがいい刺激に感じられることも。

彼がスマホに気を取られ始めたら、「スマホは後で!」とすねてみることで、軽く束縛されている感触がうれしくてキュンとするはずです。

2人の仲を深めるきっかけに

女性が自分に甘えてくれることを、打ち解けてきた証拠としてうれしく思う男性は少なくありません。

気になる彼に効果的な甘え方をリサーチして、距離を一気に縮めましょう。

また、それに対する彼のリアクションをよく観察すれば、2人の関係性をどう思っているのかまで見抜ける可能性もありますよ。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)