「今の彼氏とは、長く付き合って結婚までいきたい!」

そう思っているのなら、2人の間でいくつかのルールを決めることをオススメします。

しかしルールというのは、少し間違うと束縛に繋がってしまうことも。

そこで、今回ご紹介する「仲よしカップルが守っているルール」を、ぜひ参考にしてみてください。

束縛とはどう違う?結婚まで続く「仲よしカップル」が守っているルール

不満を溜めすぎない

「仲よしでいるためにいろいろとガマンしなきゃ……」と思っていませんか?

不満を溜めすぎてしまうと、いつか限界がきて大爆発してしまう可能性も。

そうなる前に、不満があったらお互いにきちんと伝えましょう。

ただし、言い方には十分気をつけてくださいね。

守れない約束はしない

守れない約束をしないのも、大切なルールです。

たとえば、「電話くれたら、いつでも飛んでいく」「ブランド品なんでも買ってあげるよ」など。

過剰に期待をさせておいて、もしそれに応えることができなかったら信頼がなくなってしまいます。

最初から守れる約束だけをした方がよさそうです。

仲直りの仕方を決める

仲よしカップルの特徴として、ケンカをしてもきちんと仲直りができることが挙げられます。

しかし、プライドが邪魔をして仲直りがうまくできないという人も多いでしょう。

そんなときは、前もって仲直りの仕方を決めておくのがオススメ。

話し合う場所や、仲直りのしるしを決めておいてくださいね。

1人の時間を確保する

「仲よしカップル」と聞けば、つねに一緒にいるラブラブな2人を想像する人も多いでしょう。

しかしずっとその状態では、マンネリや倦怠期を迎えやすくもなるもの。

そのため、仲良しな2人はあえて「放置」する時間を作ることがあります。

1人の時間があってこそ、2人の時間がより大切に思えるのですね。

2人なりのルールを

これらを参考にして、ぜひ2人でルールを考えてみてください。

理想ではなく、きちんと守れそうなお互いの性格に合ったものにするのがポイント。

きちんとルールを決めて、結婚まで続くカップルを目指しましょう。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)