好きな人と付き合うことになったとき、どんな付き合い方をすればいいのか分からず、悩みや不安を抱える人もいると思います。

しかし、彼氏に嫌われないことばかりを考えていても、結果的に付き合いが上手くいかないこともあるのです。

そこで今回は、彼氏との幸せな時間を長続きさせるコツを3つご紹介します。

幸せにつながる付き合い方!彼氏との関係を長続きさせる3つのポイント

お互いの秘密を共有する

自分の弱みや最近の出来事を打ち明けることは、相手に心を許しているサインとなる行為です。

会話の内容がよりプライベートな、誰にでも話すわけではないものになるほど、パートナーとの関係は深まりやすくなるもの。

将来を共にする存在として、早い段階からお互いの秘密を共有することで、2人の関係はいま以上に深くなるはず。

とはいえ、初めからすべてを打ち明ければいいということでもありません。

一方的に気持ちをぶつけるのではなく、お互いの信頼の度合いなどを見ながら、少しずつ自分の弱みや強みを伝えていくことを意識しましょう。

デートの形にこだわらない

お互いの仕事の都合で、毎週末同じように時間が取れないカップルもいると思います。

そんなときは、一般的なデートの形態にとらわれないことが重要です。

寝る前の通話で最近の楽しかったことを共有したり、たまには遠出のデートをしてみたり、臨機応変に時間の過ごし方を工夫してみてください。

また、2人とも興味を持てるものを探すことや、相手のしたいことに付き合って、これまで知らなかった一面を発見することも忘れてはいけません。

お互いが楽しめる時間を積み重ねることで、自然に足並みがそろい、心地よい付き合いが続くはずですよ。

本音を打ち明ける

彼氏との付き合い方が分からないときは、その悩みや不安を本人に伝えてしまうのもひとつの手です。

好きな人を前にして生まれる緊張や遠慮、「こんなこと言ったら嫌われちゃうかも……」といった不安な気持ちを、正直に言葉にすることで、2人の関係は一段深いものになるかも。

お互いが本音で接することは、表面的な付き合いから本物の愛情に基づく関係に進むために不可欠なもの。

一時的に雰囲気が険悪になることを恐れず、少しずつ本音をぶつけ合って、2人で愛を育てていきましょう。

愛を形にして

付き合いが長くなれば、順調に進まないタイミングの訪れ自体は自然なことです。

それを乗り越えるために必要なのは、相手への愛情や思いやりを、目に見える形で示すこと。

「伝わるはず」という思い込みを避け、本音で付き合うことを心掛けて、交際を前向きに楽しんでくださいね。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)