好きになった人が年上だと、ハードルの高さを感じて諦めてしまう女性もいるかもしれません。

でも、経験豊富な年上の彼が喜ぶアプローチを知っておけば、十分にチャンスはありますよ。

そこで今回は、男性が年下の女性に言われてうれしかった言葉を4つご紹介します。

自然なほめ言葉で心をつかんで♡年上の男性が女性から言われるとグッとくるフレーズ4選

「センスいいですよね」

「持ち物やお店のチョイスなど、自分が好きで選んでるものをほめられると素直にうれしいです」(32歳男性/編集者)

身につけるアイテムに自分なりのこだわりがある男性は少なくありません。

ものの価値を知っているからこそ、それを選んだ自分のセンスにも自信を持ちがち。

その感性をほめることで、彼の気分は盛り上がるはずです。

「さすがだなあ…!」

「以前、後輩に質問されて丁寧に答えたときに、ぼそっと『……さすがだなあ』とつぶやかれて、この言葉はお世辞じゃないなって感じました」(35歳男性/税理士)

わざとらしく「すごーい!」と連発するのは、不自然さや不快感を与えることも多いです。

それよりも、さりげなく独り言のように「さすがだな」「すごい」と言うのが効果的。

思わず本音が出たように演出することで、男性の心に響きやすくなるでしょう。

「○○さんでよかった」

「頼られるのはもちろんうれしいんですけど、ちょっとしたことでも『〇〇さんに聞いてよかったー!』って年下の女性に屈託なく言われるとキュンとします」(28歳男性/エンジニア)

頼るときは、あくまで自然に行うのがポイント。

そのうえで、男性が年下の女性に抱きやすいかわいらしいイメージを、素直な言葉でアピールするのがおすすめです。

「○○さんが目標です!」

「後輩に『○○さんが目標です!』と言われてキュンとした。
ストレートに尊敬を表されるとやっぱりうれしいものだよ。
自分がいい影響を与えてると思うとモチベーションも上がる」(29歳男性/デザイナー)

先輩と後輩、上司と部下といった形で、同じコミュニティ内で上下関係があるなら、「あなたにいい刺激をもらっています」というアピールが、男性の心をくすぐるみたい。

仕事に関して尊敬されることは、自分の日々の頑張りを認められているように思え、男性にとってプラスな要素しかないでしょう。

自然なほめ方を意識して

年上の男性の心をつかむためには、効果的なほめ方を押さえることが重要になります。

とはいえ、大げさな言い方は好まれないので、自然でさりげない雰囲気を意識するのがコツです。

彼が備える大人な魅力を認めて、2人の仲を深めてくださいね。

(愛カツ編集部)