付き合いが長くなってくると、2人の関係はよくも悪くも落ち着いてくるもの。

彼の存在が当たり前になりすぎて、相手にガッカリされてしまう態度になるのは避けたいところ。

そこで今回は、彼氏と長続きする、愛され女子の「彼氏に対する接し方」を3つご紹介します。

長続きの秘訣!愛され女子の「彼氏に対する接し方」3選

ワガママになりすぎない

彼氏が自分のことを好きと言ってくれるからといって、なんでも許してもらえると考えるのはよくありません。

男性ばかりに尽くすことを要求しても、いつか相手もイヤになってしまうでしょう。

「早く帰ってきて!」「キスして!」「旅行に連れてって!」など、ワガママな態度は改めるべき。

冷静になって相手の気持ちを考え、もし彼にワガママばかり言っていたと思うなら、お返しをしてみるといいかも。

尽くし、尽くされるバランスが取れるようになると、2人の関係はさらに盛り上がるはずです。

感謝をしっかりと伝える

たとえばデートのとき、彼が家まで迎えに来てくれたり、食事をおごってくれたりすることもあるでしょう。

いくら大好きな彼女のためとはいえ、毎回それをするのは難しいはず。

そのようなとき、「え、今日は迎えに来てくれないの?」「今日は私も払うの?」と、聞くのはNG。

このような「やってもらって当たり前」という考えに、男性はがっかりするはず。

普段彼がしてくれることに対しては、感謝の言葉を忘れずに。

また、「いつも迎えに来てくれてありがとう」「たまには私がおごるよ」と、同じように彼に尽くしてあげてください。

感謝を忘れないことが、2人の信頼関係や絆を強固なものにしてくれるでしょう。

相手への配慮を忘れない

付き合いが長くなると、相手に心を許すことが多くなるでしょう。

相手に仕事の不満、プライベートの悩みをこぼしたり、自分の意見を遠慮なく言える関係になってくることもあります。

これは、2人の関係がとても親密であることの証拠です。

しかしそうしたときに、「親しき仲にも礼儀あり」ということを忘れないようにしましょう。

なんでもかんでも前置きなしに愚痴や不満をこぼすのではなく、「ちょっと聞いてもらえる?」と言ってから話すなどの配慮をしてみて。

また、かわいらしく話したり、甘えたりすることも大切。

親密な関係でありながらも、ある程度の緊張感があると、いつまでもラブラブでいられるはずですよ!

長く愛され続けるために…

長く付き合うほど、細かい配慮はおろそかになりがち。

しかし、少し冷静になり、相手の気持ちを考えてみてください。

お互いをいつまでも尊重できる2人なら、きっと長続きしますよ!

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)