告白からスタートするのもいいけれど、気づいたらいつの間にか一緒にいた……なんて交際も悪くないもの。

いい感じの彼がいるなら、「俺たち、付き合ってたっけ?」と錯覚させるのが関係進展への近道になるかもしれません。

今回は男性の体験談をもとに解説していきます。

さりげなく「好き」と言う

「彼女との最初のデートのときに、『この服好き』と褒められてのをすごく覚えています。

最初は、身の回りのものだったけど、そのうち性格とか顔とかに対して『好き』と言うようになったんですよね。

褒められているわけだし、まったく悪い気はしなかった。するといつからか、俺も『好き』っていう言葉を使うようになってたんですよね。不思議……。」(31歳/公務員)

誰しも、褒められて悪い気はしないですからね。

「好き」という言葉を使って褒めると、もっとその言葉が欲しくなってくる。

すると、いつの間にか、離れられない存在になっている……という場合も十分あるでしょう。

「次の休みなにする?」

「今の彼女と付き合う前、何回目かのデートのとき、『次の休みどうする?』と聞かれたんです。

一瞬、戸惑いましたよね。『なにもないけど』と返すと、『じゃあ会おう』って言われて……。

そのやり取りがすごく自然で、俺たち付き合ってたかな……とふと思ったのを覚えています」(33歳/金融)

普通なら、「次の休み空いてますか?」とかしこまって聞いてしまいがち。

そこをあえて、会うのが当たり前のように堂々と尋ねる。

すると、一瞬「付き合ってたかな……」と思うでしょう。

すぐに勘違いであると気付きますが、その勘違いの繰り返しが、やがて現実になることもあるのです。

一緒に不動産屋さんに行く

「仲のいい女友だちがいて、よく2人でも飲みに行くんですね。帰り道、不動産屋の前を通ったときに、物件を見たんです。

家賃が高いだの、狭すぎるだの、言い合っていました。

するとそのうち、『2人で住むにはいいかもね』なんて話をしていることに気付きました。

ちょっと酔っていたせいもありますが、完全に付き合っているような錯覚に陥っていました」(27歳/営業)

物件なんかは、2人で見ていると意外と盛り上がりますよね。

お互いの好みやこだわりなんかが出たりもします。

そこで急に、距離が縮まるような感覚になることも、あるのかもしれません。

不動産屋はそこらじゅうにあるので、二人のときにふらっと覗いてみるといいかも?

恋の錯覚はかなり有効♡

「好き」という気持ちも、言ってみれば曖昧な感情ですよね。

ただの勘違いにすぎないことも珍しくないものです。

でもその積み重ねが、自分のなかで確固たるものになっていくのでしょう。

だから、狙っている相手に、付き合ってるかも……と錯覚させるのは、有効な手段と言えるのです。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)