彼とお付き合いするなかで、ケンカしてしまうことも当然あるでしょう。

でも、ケンカの後の仲直り次第では、絆がぐっと強くなるかも。

どうせなら、愛を深める機会にしてみませんか?

そこで今回は、彼とうまく仲直りするテクニックをご紹介します。

ケンカのあと絆が深まる【仲直りテクニック】4つ

いいところも伝えたうえで指摘する

「悪いところばかり指摘されると、さすがに落ち込んでしまいます。
いいところも伝えてくれたうえで『ここは直すといいと思う』と冗談めかしく伝えてくれるとうれしいですね」(24歳男性/大学院生)

どんな人だって、自分の悪いところを指摘されれば「否定された」と感じるものです。

否定されるような出来事が続けば「彼女と一緒にいていいのか」と悩む男性も出てくるでしょう。

彼氏の悪いところばかり指摘するのではなく、いいところも併せて伝えられるようにしたいですね。

自分の悪いところも直す努力を

「人に言っておいて、自分は悪いところを直さない人もいると思います。
どちらか一方が我慢する関係はすぐに終わりが見えてくるから。
『私もこういうところあるから直すね』と伝えてくれる女性がいいです。
一緒に頑張って行こうと思えますもんね」(30歳男性/美容師)

自分の悪いクセも直すように努力しましょう。

「人に言っておいて、自分はなにもしない」と思われるような言動は慎んで。

そのためには「遅刻しない」「約束は守る」など、人としての基本的なマナーを守るようにしましょうね。

喧嘩腰ではなく穏やかな口調で

「話し合いの姿勢が保てている女性ならいいのですが、喧嘩腰で『どういうこと?』とすぐに不機嫌になる女性は嫌ですね。
日頃から穏やかな女性に言われるから、ことの大事さがわかるというか。いつも怒ってばかりいる女性は嫌です」(32歳男性/アパレル)

感情に任せて話したことは、相手を傷つけます。

冷静に話し合えるようにしましょう。

自分に好意を抱いてくれていることがわかっているうえでの忠告なら、耳を傾けることはできます。

でも、頭ごなしに否定されては落ち込んでしまう男性も多くいるでしょう。

日頃から友好的な関係を築いておきたいですね。

愛しているからこそ…

「愛してるからこそ、一緒にいるための努力をするものだと思っています。
一緒にいて楽しくなさそうにされたうえ、さらに『ここ直してくれない?』と言われるのは、ちょっと辛くなっちゃいますね」(29歳男性/公務員)

一緒にいて楽しいということは前面に出しておきましょう。

楽しくなさそうにされていれば、それだけで傷つく男性も多くいます。

ケンカをしたときでも「いつもはあんなに仲がいいのだから」と仲良しのきっかけになることはよくあります。

日頃からラブラブであることが、仲直りを早めるのかもしれません。

雨降って地固まるケンカにして♡

交際も長いベテランカップルは、ケンカをすることはあるものの、すぐに仲直りできるのだとか。

それは、長い時間で育まれた愛情や絆があるからできることです。

とはいえ、関係を長続きさせるためには気遣いや思いやりが不可欠。

相手に「直してほしい」と伝える分だけ、「こういうところが好きだよ」と、いいところも伝えられる関係でありたいですね。

(東城ゆず/ライター)

(愛カツ編集部)