干支は、暦そのもの。

時の流れをつかさどる干支は、人生に深く関係しているため、運命や未来を占うことができます。

今回は、女性の干支別に、次にやってくる「運命の出会い」について占いました。

前編に引き続き、後編は午(うま)年〜亥(いのしし)年生まれのご紹介です。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

【後編】干支で占う!次に訪れる「運命の出会い」とは

午(うま)年生まれ

【友人から年上の男性を紹介される】

午(うま)年生まれは、年上の男性と恋に落ちることになりそう。

運命の相手と出会うきっかけは、友達の紹介かも。

はじめは意識していなくても、仕事の相談や趣味の話を通じて、関係が深まるでしょう。

ほどなくして恋愛感情が芽生え始め、運命が変わっていきます。

未(ひつじ)年生まれ

【あきらめられない人に再会する】

未(ひつじ)年生まれは、内気な性格の方が多いようです。

以前、優柔不断さからアプローチできなかった相手に再会する暗示が出ています。

再会後、徐々に距離が縮まるでしょう。

運命の出会いを逃さないよう、積極的にアプローチしてみて。

申(さる)年生まれ

【旅先での出会い】

旅先で、理想の男性との出会いがありそう。

「運命の出会い」と確信を得ても、そのときはなにも起こらない可能性が高いです。

しかし、日常に戻ってから、再度出会う暗示があります。

旅先で出会った忘れられない人が運命の人と考えていいでしょう。

酉(とり)年生まれ

【アクティブなイベント】

アクティブなイベントに運命の出会いがありそうです。

友人たちを集めて、グループでどこかに出かけてみてください。

バーベキューやピクニックなど、アウトドアなイベントがいいでしょう。

一緒に出かけた友人のなかから、運命の相手が出てきそう。

戌(いぬ)年生まれ

【親戚や家族、親友などの縁】

親戚や家族、親友を通じて、良縁が生まれそうです。

紹介など、直接的なチャンスは巡ってこないでしょう。

そのため、できるだけ人の集まりに参加するのがおすすめ。

いろいろと足を伸ばしているうちに、運命の人に出会うことになりそう。

亥(いのしし)年生まれ

【仕事の場】

亥(いのしし)年生まれは、真面目な性格の方が多いようです。

そのため、職場で運命の人と出会う可能性が高いでしょう。

同僚や仕事上の知り合いから食事などに誘われたら、素直に受けてみて。

話をしてみて、気が合う、話が弾むと感じられたら、それが運命の出会いかもしれません。

運命のチャンスを逃さないために

「運命の出会い」は、1度きりのものではありません。

人生のなかで、なんどもチャンスはあるのです。

しかし、タイミングが悪かったり、吉兆を見過ごしてしまったりすることも多いでしょう。

次にやってくる「運命の出会い」を逃さないように、できるだけの準備をしておきましょうね。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】子年~巳年に次に訪れる「運命の出会い」とは