辛いけれど、諦めよう、男性が脈ナシな女子にしかやらないこと
2017.12.1

付き合いたい男性と結婚したい男性って、違いますよね。
お付き合いをするだけなら、カッコよくて高身長で……
と見た目のスペックを気にしてしまいますが、結婚するとなれば話は別。
できれば高収入なほうがいいし、性格的に穏やかでしっかりしている男性がいいですよね。

女性と同じで男性だって、自分の結婚相手には求めるものがあります。
「しっかりしている女性」と思わせる生活感とはどういったものか、チェックしておきましょう。

毎日掃除機をかけていそうな清潔な床・カーペット

掃除をしているかしていないかを判断する材料として、
男性が気にする部分は実は床やカーペットなんです。
男性には無い「長い髪の毛」は、彼女の部屋に落ちていて当然。
ですが、掃除機をかけていないとその髪の毛の量が半端ないことになっています。

掃除しない人は、髪の毛が落ちていて当たり前だ、
と思って生活をしているから汚いと感じませんが、男性は別です。
これは掃除機をかけていないな……とすぐにバレてしまいます。
床やカーペットは空気中に舞ったホコリや抜け落ちた髪の毛の終着点。
しっかりと毎日掃除機をかける習慣を付けておきましょう。

 

ちゃんと自炊をしていそうなキッチン

料理ができるかできないか……でも、男性の評価は変わってきます。
調味料を揃えたらいいよね! と思って慌てて買いそろえたところで、
実用性が乏しいような甜麺醤や豆板醤があるのに肝心のダシや塩、砂糖が無い……
といったようではすぐに「あ、料理していないな」と見抜かれてしまいます。

更に、一番判断されてしまうのがキッチンに台拭きがあるかどうか。
キッチンで調理をすれば洗い物が出ますし、シンク周りが濡れますよね。
台拭きで拭いていれば自然とキッチンには、
お手拭と台拭きのタオルが2枚配置されていることになります。
これがないと、「料理している形跡がない……」と思われてしまうのです。

 

整頓されているか、汚いかが別れるクローゼット

昔からクサいものにはフタをする、という言葉がありますよね。
散らかっている部屋を見られたくないがために、
クローゼットの中に荷物を押し込んでとりあえず部屋を綺麗に見せる作戦です。

が、実はコレ、見抜かれていますよ。
ふとしたときにクローゼットを開けることになって、
チラっとぐちゃぐちゃな中が見えてしまうんです。
頭隠して知り隠さずとはこのことです。普段から整理整頓を心がけましょう。

 

彼のチェックをクリアして、結婚相手に昇格しちゃえ

毎日規則正しく、望ましい生活をしていれば掃除もきちんと出来るのですが、
そうはいかないですよね。
忙しくてつい掃除をさぼってしまったり、自炊をやめて外食してしまったり……。

生活していくうえで必要な手抜きはほどほどに、
本来あるべき姿を忘れずに生活することによって、きっと彼の結婚相手へ昇格できますよ!(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)