見た目に気を遣ってかわいくしているのに、「喋らなければモテるよね」なんて言われてしまう女性はいます。

そんな人は見た目のかわいさを台無しにする「非モテ仕草」をしてしまっているのかもしれません。

今回は、男性に「無理だな……」と思われてしまう仕草をご紹介しましょう。

顔がよくてもかわいくない!男性がゲンナリする「非モテ仕草」5選

とにかく食事のマナーが悪い

男性が口を揃えて言うのが「食べ方が汚い子は、どんなにかわいくても本気にはならない」という言葉。

アイドルやモデルなど、女性芸能人たちがグルメ番組に出演したときに「食べ方が汚い」と人気がダウンした……なんて話もよく聞きますよね。

デートなどで話に夢中になると、つい食べながら彼との会話に注意を向けすぎ、「食べ方の汚い子」というイメージを持たれてしまうことも。

お箸の基本的なマナーを押さえたり、食べているときは口を閉じ、飲み込んでから話すようにするだけでも、幻滅されることは少なくなるはずですよ。

足や脇をすぐ開いてしまう

「うまく言えないけど」というコメントつきで多く挙がったのがこれ。

「足がいつも開いてる」「ガニ股」「バッグを肘にかけているとき、脇が開いてる」……この共通点はなんだかわかりますか?

正解は「体のベクトルが外側に向いている状態」であること。これを見て「なんかヤダ」と感じる男性が多いようです。

逆に「足がピシッと閉じられている」「ガニ股にならずにスッと歩く」「バッグを肘にかけたら、手は体に重ねる」

……と正反対の動作を思い浮かべてみて。とても美人っぽいと思いませんか?

声が大きすぎる

声が大きすぎる

周囲の人に会話の内容が聞こえるほど、大きな声で話していませんか?

そんな姿を見て男性が持つのは「楽しそう」ではなく「うるさい」「頭が悪そう」というイメージ。

ハキハキ話す女性は好印象でも、必要以上に声が大きい人は「一緒にいて恥ずかしい」という声も。

「お酒が入ると声が大きくなる」「カフェでおしゃべりしていると周囲の視線が気になる」なんて自覚のある人は要注意。

動作がガサツでうるさい

「動作のひとつひとつが荒い子ってがさつに見える」という声も。

ドアをバタン!と閉める音、ヒールでカツカツ歩く音など、視線を向けなくてもいまなにをしているかわかってしまう人はNG。

「付き合ったらうるさそう」「食事のときなんか、こぼしたりお皿を割ったりしないかヒヤヒヤする」という声も。

丁寧な所作を心がけたいですね。

やたらと群れたがる

「やたら大人数で行動している女性たちってなんか性格悪そう」と感じる男性も多いようです。

女性からすれば「言いがかりでしょ」と言いたくなりますが……。

「女性の集団って強そう」「道に広がって歩いてる」という声もありました。

男性のグループって、多くても3人程度であることが多いですよね。

それ以上の人数になるときは、態度は控えめを心がけたほうが好印象に映るようです。

また、時には単独行動をしてみるのも「話しかけてみようかな」と思われやすいポイントになりますよ。

残念な非モテにならないよう…

男性は思った以上に、「雰囲気」を気にするようです。

ルックス的に多少イマイチな部分があっても、所作がキレイな雰囲気美人のことは「美人」にカウントされるもの。

非モテ仕草を撲滅して、「キレイな女性」の称号をゲットしていきましょうね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)