気になる男性がいても、なかなか距離を縮められないときってありますよね。

2人きりになるチャンスもなければ、長い会話もできそうにない……。

しかし、だからと言ってただ彼を遠くから見ているだけでは、もったいないなくありませんか?

そこで今回は、「気になる男性との距離を縮められる一言」をご紹介します。

一気に恋愛対象内に!気になる男性との「距離を縮められる」一言

「約束ですよ!」

気になる男性と、流れで「今度あそこの店行こうよ」や「飲み行こうよ」なんて話になることもあるでしょう。

そんなとき「行きたいです!」とだけ答えると、ただの社交辞令だと受け取られてしまうかも。

「約束ですよ!」と念押しすることで、「この子本気で行きたがってるんだ」と、男性をキュンとさせられるはずです。

また、2人きりで出かけられる確率も、グンと上がりますよね。

「おしゃれですよね」

ほめられて不快に感じる男性は、滅多にいないでしょう。

しかし「かっこいい」や「ステキです」と言われると、お世辞だと思ってしまう男性が多いようです。

なので、「○○さんのこれ、おしゃれですね」と具体的におしゃれな部分をほめてあげるのがオススメ。

おしゃれは誰でも受け入れやすいほめ言葉だし、そこから話も広がりやすいですよね。

「久しぶりに〜」

気になる男性と話したあとに、さりげなく「久しぶりにこんなに笑ったな」などと言ってみてください。

相手に言うのが恥ずかしければ、独り言のように言っても効果はあります。

あなたの楽しかったという感情が、スムーズに彼に伝わるでしょう。

きっと彼も、あなたと気が合うと思ってくれますよ。

「もう帰っちゃうんですか?」

会食や飲み会などで、気になる男性が先に帰るような場面もあるかもしれません。

そんなときには「もう帰っちゃうんですか?」と寂しそうに伝えると、男性の印象に残りやすいでしょう。

「あなたがいないと楽しくない」という思いが伝わり、男性は帰宅中もあなたのことばかり考えるかもしれません。

ただし、しつこく引き留めすぎないように注意しましょう。

たった一言で!

好感度というものは、たった一言で上がったり下がったりするものです。

「まだあんまり仲よくないしな……」と遠慮せずに、言えそうなものから試してみてください。

一気に彼の恋愛対象内に入ることができるかもしれませんね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)