気になる男性の態度が冷たくなったように感じたとき、もしかすると、彼は「この子はキープでいいや」と思ったのかも。

自分の知らないところで、本気で向き合われなくなるのは、悲しいですよね。

そこで今回は、男性がキープ認定しやすい女性の特徴を4つご紹介します。

優先順位が下がる…男性にキープ認定されやすい女性の4つの特徴

無条件の優しさ

いつLINEを送ってもすぐに返事が来るし、なにを相談しても必ず親身に話を聞いてくれる。

こういった無条件に優しい女性に対して、男性は「キープでいいや」と思うことがあるよう。

その理由のひとつが、まさに「放っておいても優しくしてくれる」から。

自分がなにもしなくても側にいるという安心感があると、わざわざ好意を持ってもらうためのアクションを起こす必要が感じられないのです。

もうひとつの理由は、心のオアシスとして癒やされるのはアリでも、刺激不足でドキドキ感がないから。

一緒にいてもときめくことがないのでは、わざわざか関係を進展させる気にもならないのでしょう。

「脈なし」と感じるガードの堅さ

男性にとってのキープ認定は、本気で付き合わなくていい「都合のいい女性」扱いだけでは限りません。

ガードが堅すぎる女性もまた、アプローチしても付き合えそうにない「脈なし」だと誤解されることで、本気度が下がるのだそう。

彼の好意に応える素振りがないと、「ワンチャンあったらいいな」程度の認識になってしまう可能性がありますよ。

直前の予定変更になにも言わない

男性が、デートの直前に予定変更を繰り返すなら、きちんと不満を伝えてもいいのです。

彼の都合に合わせてばかりでは、優先順位を下げても問題ない相手と思われかねません。

とはいえ、強く不満を口にすることがためらわれたり、本当に忙しくてリスケしていたりということもあるので、「楽しみにしてたのにな……でも、仕方ないね」といったやわらかい表現で伝えるのがおすすめ。

デート終わりに別れてから振り返らない

デートの別れ際に、今後の2人の関係について考えている男性は多いです。

そのため、先のことに思いを巡らせているタイミングで気になる女性が振り返ってくれたら……間違いなく好印象を与えられるでしょう。

逆に、一切振り返ることなく帰ってしまえば、別れを惜しんでいないように感じ、それ以上の発展が望めないと思わせるかも。

ただし、そもそも振り返っても男性がいない場合は、すでに恋愛対象から外れている可能性があります。

本気になれる存在に

意外と無自覚に、男性の本気が失われる原因を作っている人もいると思います。

彼にとって居心地のいい関係であることが、2人の仲が深まる条件とは限りません。

自分の言動を振り返って、彼が本気で追いかけたくなる女性を目指しましょう。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)