自分のことは、案外自分でも把握しきれていないものです。

あなたが気づいていない思考や言動の偏りを知ることは、幸せへの第一歩と言えます。

そこで今回は、あなた自身も気づいていない恋愛傾向を星座別に占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】女性の星座別!自分でも気づいていない本当の恋愛傾向って?

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の女性は、多くの人からの愛を受けてきたタイプで、そのために対人関係のスキルに長けています。

そして、愛を知っているからこそ、赤い糸でつながっている相手の存在を信じ、それを探してしまうよう。

「次の人こそ」と彼氏がコロコロ変わるとしたら、そのためかもしれません。

さそり座(10/24~11/21)

愛情への執着が強く、一度心を開いた男性を「運命の相手」と信じる傾向にある、さそり座の女性。

いまの幸せを確実なものにするには、運命の彼を一途に愛することが重要だと考えがち。

その愛は嫉妬と表裏一体であることも多いので、口うるさい彼女になりやすいとも言えます。

いて座(11/22~12/21)

いて座の女性は、自分が経験したことのない恋愛に強いあこがれを抱くところがあります。

「なんかすごい、なんかステキ」という人に出会うと、迷わずストレートにアプローチをかけるみたい。

自分の持てる手段を全て投じて、なにがなんでも手に入れようとしそうです。

やぎ座(12/22~1/19)

無駄や失敗を嫌うために、慎重に恋愛を進める一面がある、やぎ座の女性。

自分に合った相手を厳しく見極め、数人の恋人候補を作るのだとか。

精神的、あるいは物理的な逃げ道を用意しておく計算高さが、発揮されている可能性が高いです。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の女性は、窮屈な現状からの解放や自由を求めるタイプです。

恋愛においても、恋人に行動を制限されることは好まず、男友達との遊びや飲み会にも口出ししてほしくないと思っていそう。

「あんまり口うるさいなら別れちゃおう」と思っていることも少なくありません。

うお座(2/19~3/20)

不幸な恋愛を頑張る自分を好む傾向が強い、うお座の女性。

恋愛にすがりがちなところがあり、セカンドや浮気相手の立場に自分から立候補してしまうこともあるようです。

強引にでも筋道をつけられると、それに従ってしまうのでしょう。

隠れた思考の偏りを知って

自分で思っているほど、自分のことを理解しきれていない人は多いもの。

客観的に言動を見直すことで、初めてあなたの考え方や行動に影響を及ぼしていたものが分かることもあるのです。

そんな隠れた恋愛傾向を認めることで、いままでよりも楽に、幸せな恋愛に近づいて行けるはずですよ。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】女性の星座別!自分でも気づいていない本当の恋愛傾向って?