気になる男性が自分との会話を楽しんでくれていたとしたら、こんなにうれしいことはありませんよね。

好きな人には、なおさら「この人と話していたら楽しくてついつい時間が経つのを忘れちゃう!」くらいに思ってもらいたいもの。

そこで今回は、男性が「話しやすい」と感じる女性の特徴をご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

楽しくて時間を忘れちゃう♡男性が「話しやすい」と感じる女性の特徴3つ

共通の話題を見つけるのが上手

会話のネタが付きて沈黙がつづくのって気まずいですよね……。

まずは、会話の引き出しを多く持つことが大切です。

たとえば、自己紹介で出身地の話をするとしましょう。

そこでもしあなたが47都道府県のことを少しでも知っていれば、出身地を聞いて「○○県って温泉が有名ですよね」と話ができます。

相手からしたら、少しでも自分の出身地を知ってくれていると思うとうれしいですよね。

あとは時事ネタもおすすめです。

芸能や経済ニュースなど、なんでもOK。

相手と共通点をたくさん作るのがポイントなので、最近世のなかで起こっていることに興味のアンテナを広げてみて。

いまと未来の明るい話をする

いつも楽しい話をする人はそれだけで好感を与えやすいもの。

逆に暗い話題ばかりだと、聞いている側は疲れてしまいますよね。

実際、まだ会って間もない相手が暗い過去を話してきたら、どう返事していいのか難しいはず。

そのため、できるだけ「現在と未来」の明るい話をしましょう。

たとえば、最近話題になったものや今後行ってみたいところ、してみたいこと、食べたいものなど……。

過去の話は相手と仲良くなってからできます。

まず初めは、「いま」と「これから」を楽しむ話をしてみることを心がけましょうね。

リアクションは大きく!

話をするときに、相手のリアクションがいいと、自分に興味があるのかな?と、話していてうれしくなりますよね。

笑うべきところでしっかり笑い、驚くところでしっかり驚く。

でも、それは当たり前のようで、なかなか難しいもの。

相手が困るのは喜怒哀楽がなく、会話に対して盛り上がっているのか、怒っているのかよくわからない人です。

まずは、出会いの場での会話は、日常よりも意識的にうなずきなどのリアクションを大げさにしてみましょう。

わざとらしすぎるのではなく、うなずきを深くしたり、驚くときに声をあげたりするだけでも、相手の反応は変わってくるはず。

「自分の話に関心を持ってもらえるんだ」と相手が思うと、どんどん会話が弾むようになるでしょう。

楽しい会話を心がけて♡

ほんの少しの工夫で話を弾ませることができるようになるものです。

深い話は2人の関係が仲よくなってからで大丈夫!

まずは相手に気持ちよく話してもらえる場を作ることを心がけましょうね!

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)