ささいなときめきから、恋が始まることもあるのです。

そして、その胸キュンの瞬間は、ときめきを与えた女性も意識していない仕草であることも少なくないのだとか。

そこで今回は、男性が思わずときめく女性の仕草を、干支別に占いました。

前編に引き続き、今回は午(うま)年~亥(いのしし)年をご紹介します。

【後編】男性の干支で占う!思わずときめく女性のなにげない仕草って?

午(うま)年生まれの男性

午(うま)生まれの男性は、基本的に女性が好きな傾向が強いよう。

唇に指を持っていったり、胸元が見える前かがみの姿勢になったりといった、大胆で色っぽい仕草に弱いみたい。

丈の短いスカートで足を組みかえる動作も、たまらないと思っていそうです。

未(ひつじ)年生まれの男性

人の顔色をついうかがってしまうところがある、未(ひつじ)年生まれの男性。

誰かと接するだけで疲れてしまう性格のためか、自分の様子を気遣ってくれる女性には、胸キュンしがち。

なんでもないときに「大丈夫?」「ちゃんと食べてる?」と言われることが、うれしくて仕方ないのです。

申(さる)年生まれの男性

申(さる)年生まれの男性は、女性にほめられることに、とくにうれしくなるタイプです。

自分のことを「かっこいい」「素敵」「最高~」と言ってくれる女性に心惹かれるのだとか。

さらに言えば、ほかの男性と比べて「やっぱりあなたが一番だね」なんて顔をされると、ときめかないわけがありません。

酉(とり)年生まれの男性

大和撫子を女性の理想像と考える一面がある、酉(とり)年生まれの男性。

箸の扱いやカトラリーを口に運ぶ様子をよく見ており、食事中の作法が整っている女性にはじわじわと好印象を募らせます。

視線の先にある指先が美しければ、さらなるポイントアップにつながるはずです。

戌(いぬ)年生まれの男性

戌(いぬ)年生まれの男性は、安定志向が強く、女性のファッションとしては露出控えめなものを好む傾向にあります。

しかし、ときどきチラッと見えてしまう、二の腕や首元にはときめきを抑えられないよう。

とくに、髪をかき上げたときに見えるうなじには、目を奪われずにはいられないでしょう。

亥(いのしし)年生まれの男性

自分が気になっている女性に近寄られたとき、亥(いのしし)年生まれの男性は心を奪われやすいみたい。

シャンプーの香りや息遣いが感じられる至近距離では、ときめきを抑えられないタイプなのかも。

自分を信頼し、無防備になっていることがうれしいのです。

自然な仕草でときめきを

あまりにわざとらしい仕草は、不自然さが先行して警戒心を抱くきっかけになるもの。

あくまでも自然に、気になる男性への効果的なアプローチを仕掛けましょう。

なにげないふるまいで彼を胸キュンさせて、素敵な恋を手にしてくださいね。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】男性の干支で占う!思わずときめく女性のなにげない仕草って?