気になる男性とのLINEは、2人の距離を縮める絶好の機会です。

とはいえ、これから仲を深めようという段階で、どうアピールすればいいのか悩む人も多いでしょう。

そこで今回は、簡単に好印象を与えられるLINEのテクニックを4つご紹介します。

いつでも使える!LINEで簡単に好印象を与えられる4つのテクニック

相手に合った返信のペース

「LINEのやり取り全部に言えることだけど、返信のペースにストレスを感じない人とは、ほかの面でも気が合いそうですよね」(25歳男性/不動産)

お互いが自分にとって都合よく返信をして、そのペースが似ているなら、自然と親近感を抱きやすくなるもの。

気になる男性が30分くらい空いて返信してくることが多いなら、あなたも30分前後置くことで、彼に「気が合う」と思ってもらえる確率は高くなるはずです。

自分の顔写真をアイコンに

「アイコンがその子の顔写真だと、親近感がわくよね。
花とか風景だったらどう思うってことじゃないけど、あんまり印象には残らない気がするかな」(26歳男性/メーカー)

LINEのアイコンを自分の写真にすることに、抵抗感のある人もいると思います。

でも、やり取りをするたびに目に入るアイコン次第で、相手があなたに抱く印象は大きく変わります。

1人の写真がためらわれるなら、友達と写っているものでもいいので、素敵な写真を選んでみましょう。

キャラクターのスタンプは絞る

「いつも同じキャラのスタンプを送ってくる子がいるんですけど、だいぶお気に入りみたいで、スマホリングとかもそのキャラなんです。
街中でそのキャラの広告とかを目にすると、その子のことを思い出しちゃいます」(27歳男性/飲食)

自分の好きな作品のスタンプを購入し、日常的に使っている人も多いと思います。

じつは、いろいろなスタンプをランダムに使うより、特定のキャラクターに絞った方が、男性の印象には残りやすいよう。

彼がそのキャラクターを見かけるたびに、あなたのことを思い出してくれるかもしれません。

相手の打ち間違いを真似する

「テンポよくLINEしてると、タイプミスが出ることもあるじゃないですか。
スルーしてくれる人も多いけど、『。』を打とうとして『を』と語尾につけたとき、彼女のほうも『を』をつけてきてくれたのにはニヤニヤしましたね。
なんかちょっと打ち解けた空気になりました」(28歳男性/教育)

人のミスをスルーするのも優しさのひとつですが、かわいくからかってくれることがうれしいという男性もいるのです。

LINEでテンポの速い会話をしていると、勢いで送ったメッセージにタイプミスが含まれているのはよくあること。

それを真似してみることで、心の距離がグッと縮まる可能性がありますよ。

仲が深まるやり取りを

LINEは単なる連絡のためのツールに留まらず、気になる男性との仲を深めるコミュニケーションの手段でもあるのです。

彼の中に好印象を残すことができれば、自然と距離が縮まっていくはず。

手軽に取り入れられるテクニックから実践して、素敵な恋愛を手にしてくださいね。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)