自分では交際は順調だと思っていたけれど、彼氏は別れを考えていた……なんてこともあるようです。

男性の愛情が冷めるきっかけは、案外本人が自覚していないこともあるのかも。

そこで今回は、男性が別れを考えるきっかけになった言動を3つご紹介します。

別れの引き金…男性の愛情が冷めるきっかけになった3つの言動

連絡なしで家に行く

「元カノがアポなしで家に来て、勝手に来たくせに『女は連れ込んでいないみたいだね』とか言っていて……。
こっちは仕事で疲れているのに勘弁してって話ですよ。
大抵の男はアポなし訪問は嫌がると思いますね」(30歳男性/エンジニア)

サプライズのつもりで、彼氏の家に押しかける女性もいるかもしれませんが、喜ばれない可能性の方が高いかも。

浮気していないか確かめるような発言も、信頼されていないと感じさせるものです。

なにより、連絡ひとつしない非常識さに、別れを考えるきっかけになってもおかしくありません。

相手の話を最後まで聞かない

「俺が話しているのに、途中でさえぎってくるのが嫌でしたね。
しかも、自分が話を聞いていないだけなのに、後から『なんで言ってくれなかったの?』と俺のせいにされてかなりイラっときました」(27歳男性/通信関係)

相手の話をさえぎって自分の話に持っていったり、どんな話にも否定形から入ったり……。

会話を楽しめない相手とは、一緒にいてもストレスがたまるだけ。

そのうち会うこと自体が苦痛になってしまうことも考えられます。

大好きな彼との関係を長続きさせたいなら、対等な立場を意識して自制することも必要でしょう。

恋人の愛情を試す

「『別れたいって思ってる?』『もし私が浮気したらどうする?』みたいな、試すような言動が多かったこと。
最初は『別れたいなんて思ってないよ』とたしなめていたけれど、だんだんウザくなってきて、最終的には愛情が冷めて別れました」(25歳男性/保険会社)

愛されている実感を得ようと、彼氏を試すような発言をするのは、じつはとても不誠実な行為。

「自分の不安解消のためなら恋人を疑ってもいい」と思っているように感じさせ、愛情のなさを想起させるものです。

不安になったら、そのことを素直に打ち明けながらも、彼への信頼を態度に示すことが長続きのコツと言えます。

気遣いと思いやりを目に見える形に

悪意のない言動がきっかけで別れる……なんてことを防ぐためには、自分のふるまいがどう受け取られているかを意識することが重要です。

「自分がされて嫌なことはしない」を徹底しつつ、気遣いと思いやりを忘れないようにしましょう。

お互いに不満を溜めることのない関係を築いてくださいね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)