好きな人との距離を縮めていくためには、積極的なアプローチが必要不可欠です。

しかし、どんなにアピールを重ねていても、相手の恋心を冷ます一言で台無しになることもあるもの。

そこで今回は、男性が好まない言動を3つご紹介します。

いい雰囲気が台無しに…男性の恋心を冷ます3つの言動

過去の恋愛を思い出のように語る

男性は、気になる女性の周りにいる男性に対して、自然とライバル意識を持ってしまうもの。

中には、昔の彼氏や片思いの相手にさえ、メラメラと嫉妬する人もいるので、自分から他の男性の話題を出すのは避けた方が無難でしょう。

とくに注意したいのが、「この場所、元カレと来たことある」「昔、大好きだった彼がいたんだよね」といった思い出語り。

女性にとってはすでに終わった恋愛だとしても、それが忘れられない記憶として残っているように思えると、男性は不安を感じがち。

自分が元カレを超えられないことの不安や、自分だけを見てくれない不満から、一緒にいることが苦痛になると、一気に脈なしになる可能性もありますよ。

相手の性質を決めつける発言

目の前にいる自分のことを見てくれないのは、男性にとって耐えがたい経験です。

「男って〇〇だよね」「みんなこう思ってるよ」など、「男性だから」で決めつけるような発言はNG。

あなたにその気がなくても、表面的にしか判断してもらえないように感じ、「この人に本音を話すのは難しいかも」と心を閉ざすきっかけになるかも。

自分の意見を伝えること自体に問題がなくても、「俺はそうじゃないのに」と思われる表現は避けましょう。

そして、「〇〇君はどう思うの?」と相手の考えを聞く姿勢を示せば、お互いに意見を交わせる雰囲気になり、会話が弾みやすくなるはずです。

恋人への期待が強すぎる

恋愛への憧れや理想を強く持っていると、自然と恋人への期待も膨らんでいきます。

しかし、その期待がプレッシャーに感じられることがあるのもまた事実。

理想通りでないことに目を向けていても、お互いに不満が募るだけなので、いっそのこと「思った通りにならないのが自然」と考え、過度な期待をしないことをおすすめします。

期待を緩めることで、ちょっとした優しさや親切に気づく余裕も、ちょっと抜けた部分を許す寛容さも生まれてくるかもしれません。

想像の中の理想の恋人に思いをはせそうになったら、目の前の彼に意識を向けてみてくださいね。

居心地のいい時間を作って

恋愛対象として意識されるためには、整った容姿やかわいらしい言動が必要だと思う人は多いでしょう。

でも、本当に重要なのは、一緒にいる時間を「居心地がいい」と感じてもらうことなのです。

「自分がどう見られるか」より「相手がどう感じるか」を考えて前向きに行動すれば、自然といい雰囲気が流れるようになるはずですよ。

(岡あい/ライター)

(愛カツ編集部)