初デートの約束をして男性から「なに食べたい?」と聞かれたとき、遠慮から具体的な指定を避けることもあると思います。

でもじつは、ここでの返し方で、デート当日までの男性の気分の盛り上がりやその後の関係進展に大きく影響する可能性があるのだとか。

そこで今回は、男性がグッとくる「なに食べたい?」への返し方を4つご紹介します。

初デートをもっと楽しみに!男性がグッとくる「なに食べたい?」への4つのベストアンサー

相手の好きなお店

「うまい返しだと感じるのは『◯◯さんが好きなお店に行ってみたいです』という言い方の子ですね。
俺のことをよく見たいと思ってくれてるんだなと感じます」(26歳男性/半導体メーカー)

初デートを素敵なものにするために重要なのは、相手への興味を示すこと。

とくに食べたいものがきまっていないときは、「普段◯◯さんが行くお店に行ってみたい」というフレーズもおすすめです。

料理のジャンルを遠慮なく

「食べることが好きなので、『イタリアン』とか『ワインが飲めるお店』とか、遠慮なく指定してくれたほうが張り合いがあります」(33歳男性/飲食関係)

日頃から外食をしていそうな男性には、好みをストレートに伝えた方がいいことも。

気になる彼がお店選びを楽しめるタイプなら、会う前から好印象を持ってもらえる可能性もありますよ。

飲み物で指定する

「僕は日本酒とビールが好きなので『冬なので熱燗の美味しいお店に行きたいです』『冷えたビールが飲みたいです』なんて言われたら、それだけでグッときますね」(27歳男性/医療関係)

飲み物のジャンルを指定するのも、面白い返し方ですね。

ディナーならお酒の種類で、昼間なら「コーヒーが美味しいカフェ」など、返答の幅も持たせられるはず。

飲み物の好みにはその人の素や経験が出やすいので、お店のセレクトで人柄が分かることもありそうです。

会話が楽しめる静かなお店

「デートの約束をして食べたいものを聞いたときに『ジャンルはお任せします。じっくりお話できる静かなお店がいいです』とLINEが返ってきたんですよね。
『俺のこともっと知りたいと思ってくれているんだ』って、ドキッとしてしまいました」(26歳男性/アパレル)

初デートの食事で個室かそうでないかというのは、好みが分かれるポイントでしょう。

いきなり2人きりになることを避けたいなら「緊張せずに話せる、カウンターのお店が好きです」などと言っておくのもアリ。

どちらにせよ、仲を深めることに前向きな姿勢が伝われば、それだけで彼の興味を引けるものですよ。

好みは先に伝えるのが無難

デート前の「なに食べたい?」には、苦手なものをあえて言わない人もいると思います。

でも、当日の「これダメなんです」で印象を下げるくらいなら、事前に好き嫌いを伝えておくのもひとつの思いやりと言えるはず。

途中で彼が困る状況を省いておけば、なんの妨げもなく、仲を深められるでしょう。

(上岡史奈/ライター)

(愛カツ編集部)