結婚と恋愛は似て非なるもの。

恋愛で上手くいっていたカップルも、結婚すると困難にみまわれることも少なくありません。

それはお互いが変化してしまうからかもしれません。

そこで、誕生月から「結婚したら変化しやすいところ」を占いました。

まずは前編として、1月~6月生まれのご紹介です!

【前編】誕生月占い!結婚したら変化しやすいところ

1月生まれ

1月生まれは結婚生活に「理想」を持っています。

それはとても大切なもの。

2人の目標の則って、家庭を築くことが幸せの形かもしれません。

1月生まれはそれを追求するでしょう。

しかし、それはあくまで努力目標であり、完璧にこなそうとすると、息苦しくなってしまうかもしれません。

楽しみながらポジティブな気持ちが大切です。

2月生まれ

2月生まれは結婚前は愛の言葉を大切にしますが、結婚後は気持ちを適切に相手に伝えることが、恥ずかしいと感じるようになりそう。

だからこそ夫婦のコミュニケーションが大切といえます。

しかし、2月生まれは少しその表現が薄いところがあるのかもしれません。

そのため、「少し大げさかな」と思うくらいの愛情表現を心がけてみてください。

3月生まれ

恋愛をしているときは、相手のあらゆる部分がきれいに見えてしまう3月生まれ。

たとえそれが欠点だとしても、そのときはなかなか気づかないもの。

しかし、結婚生活においては、ハッキリとその欠点が浮き彫りになり、耐えられなくなることも。

そのため、恋愛においては許容できる部分も、結婚すると許容できなくなりそう。

直視せず半目で見ることを大切に。

4月生まれ

4月生まれはとてもエネルギッシュでチャーミングな奥さんになると言えるでしょう。

家事もしっかりとこなし、子どもがいれば育児もそつなくこなせるはず。

しかし、それが行き過ぎてパートナーは家庭のなかで居場所を失ってしまい、居心地が悪くなってしまうことも。

ときには、あえて甘え、相手を頼りにしていることを伝えてあげましょう。

5月生まれ

5月生まれは自分自身がリラックスしているときに、相手に対する優しさが溢れ出てくるようです。

結婚後に家事や育児で自分に余裕がないと、せっかくの癒やしムードも台無しになってしまいます。

そのため、なにをするにもワンテンポ早めに動いてみましょう。

心に柔軟性を持たせることで、パートナーの要望やアクションに応えてあげられるはず。

6月生まれ

6月生まれは楽しく気が利くいい奥さんになる資質を秘めています。

そのために必要なことは、外出や習いごと、ほかの奥さんたちとの会話にあります。

もしも、6月生まれの自由が奪われてしまえば、とたんに意気消沈して、ふさぎ込みがちになってしまうでしょう。

そのため、自由を認めてもらえるようにお願いを。

そうすれば6月生まれの魅力も開花するはず。

結婚後の変化は?

恋愛において愛されたいという気持ちは、突き詰めると際限がないもの。

結婚生活においても「もっと、もっと」という思いはつきものです。

最初は些細なことでも満足していたのに、いつの間にか相手に求める水準が高くなってしまっている、ということはよくあります。

ときには、あなたの想いに応えてくれようと努力してくれる彼に想いを馳せてみてください。

きっと、多少のことなら許せるはずです。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

●7月~12月生まれの「結婚したら変化しやすいところ」は?