モテる男性は、誰しも女性に優しく、誠実な態度で接するものです。

でも中には、そう装っている遊び人の男性もおり、表面的な優しさだけを見ていても本当のイイ男を見極められないかも。

そこで今回は、本当に誠実な男性だけが見せる気遣いを4つご紹介します。

付き合ったら幸せ間違いなし♡本当に誠実な「イイ男」だけがする4つの気遣い

おごった後に「じゃあ今度おごって」

セリフだけ見るとヒモ男が言いそうなものですが、シチュエーション次第で「これぞイイ男」と思える気遣いに。

たとえば、レストランでの食事を終え、会計のタイミングで男性が全額支払ったとき、女性側が気を遣ってお金を渡そうとするのを止めて、「じゃあ今度おごって」と口にするのです。

こうすれば、次の機会に前向きであることをアピールしながら、女性の気遣いを受け取ったうえでその場をスマートに締められます。

相手の精神的な負担を軽くする気遣いができるのは、イイ男の証拠と言えるでしょう。

苦手な食べ物をチェックする

デートの予定を立てる段階や食事中に、「なに飲む?」「なに食べたい?」と積極的に聞いてくれる男性もいると思います。

相手の好みや要望を聞こうとする姿勢はもちろん素敵ですが、同時に苦手なものまで確認してくれれば、言うことなしですよね。

お店選びからリスクを排除したり、自分のメニューをシェアできるように変更したりと、臨機応変な対応ができる男性はより魅力的な存在のはず。

ほめ言葉は内面中心

素敵な男性は、「やさしいね」「性格いいよね」など、内面を分析してほめ言葉をかけるもの。

その一方、外見やふぁあしょんばかりをほめる男性は、どこか薄っぺらい印象を受けがちです。

自分の言動がどう見られるかを意識できるのも、イイ男の条件と言えるかもしれません。

相手の都合優先で予定を決める

デートの予定を決めるとき、日程をグイグイ聞かれれば、相手の勢いに引き気味になる女性もいるでしょう。

それを知っている男性は、余計な不安や恐怖を与えないように、スマートに予定を決めようとするはず。

女性側が「○○日はちょっと残業で……」と言ったら、「遅い時間ならどう?」「俺は行けるけど?」なんて、自分の都合を通そうとすることはないのです。

それどころか、「無理しなくていいよ」「体調気をつけてね」といった気遣う余裕すら見せてくれる場合も。

「気乗りしないなら断っていい」という態度は、相手の女性を第一に考えたイイ男ならではのものと言えますよね。

誠実な気遣いが自然にできる

容姿や社会的ステータスとは無関係に、自然に気遣いができる男性はモテるものです。

これは、ただの遊び人とは違い、誠実な姿勢で相手の女性をよく見ているから出来ること。

そんな男性の「特別な存在」になれたら、幸せな日々を送れるでしょう。

(TETUYA/ライター)

(愛カツ編集部)