本気で好きな異性を前にして、その気持ちを完全に抑えられる人はまずいません。

けれど、あふれる好意をどんな言葉に乗せるのかは、人によってさまざまです。

そこで今回は、男性の星座別に、本命の女性にしか言わない愛の言葉を占いました。

まずは前編として、おひつじ座(3/21~4/19)~おとめ座(8/23~9/22)をご紹介します。

男性の星座別!本命の女性だけに言う「愛の言葉」って?【前編】

おひつじ座(3/21~4/19)

おひつじ座の男性は、回りくどい駆け引きを苦手とし、ストレートな言葉で好意を伝えようとするタイプです。

本気で好きな女性には、「かわいい」「やさしいね」など、分かりやすいほめ言葉を感じたままに発するよう。

しかし、女性のツボを理解できずに不自然な態度をとることもあるので、ときおり表に出る好きの裏返しを温かく見守ってあげましょう。

おうし座(4/20~5/20)

長い時間をかけて気持ちが固まると、本命の女性に強い独占欲を示しがちな、おうし座の男性。

男友達と立ち話をするだけでも嫉妬し、急に「さっき話していた男、誰?」と聞いてくる可能性があります。

自分の好みや感性を話し、共感や同調を示してほしいと思うのも、本気にで好きな女性にだけのはず。

ふたご座(5/21~6/21)

ふたご座の男性は、本命彼女にもガツガツしないライトな恋愛観を持っている傾向にあり、社交的なふるまいから好意を見抜くのは難しそうです。

とはいえ、大好きな女性を前にすると、普段なら聞き役に回りそうなタイミングでも「俺、なに考えているかわからないって、よく言われるんだよね」などと、自分語りを始めるみたい。

「自分のことを知ってほしい」「好きになってほしい」という願望が強く表れるのかもしれません。

かに座(6/22~7/22)

恋愛と結婚を直結したものと考えるところがある、かに座の男性。

本命の女性との会話には、「結婚願望はある?」「もし結婚したら……」といった具合に、結婚を意識した言葉を織り交ぜるのだとか。

さらに「お母さんとは仲いい?」「俺の母親ってさ……」など、お互いの家族について話したがるなら、本気度が高い証拠と言えます。

しし座(7/23~8/22)

しし座の男性は、好意を自覚したら迷いなく告白するタイプ。

「好き」「付き合って」「愛してる」というセリフが、驚くほどあっさり出てくることも。

また、自分のかっこよさをアピールしようと自慢話をするなど、分かりやすく単純な好意のサインが出やすいようです。

おとめ座(8/23~9/22)

自分の本心を見せることに苦手意識を持っていることの多い、おとめ座の男性。

そんな彼の恋心は、嫉妬か自慢という形であふれ出る可能性が高いです。

自分以外の男性と親しくするところを見て、「僕のほうが詳しいから」と言ったり、聞いてもいないのに得意分野をアピールしたりするかも。

彼の愛情表現を逃さないで

気になる男性が使いがちな愛情表現の方法を知っておけば、意味深な発言に悩むことは少なくなるはず。

好意のサインを逃さずキャッチして返すことで、2人の関係は一気に進展するものです。

彼なりの愛の言葉に気付いたら、ストレートに思いを伝えてあげましょう。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)

●【後編】男性の星座別!本命の女性だけに言う「愛の言葉」って?