本気で好きな異性を前にして、その気持ちを完全に抑えられる人はまずいません。

けれど、あふれる好意をどんな言葉に乗せるのかは、人によってさまざまです。

そこで今回は、男性の星座別に、本命の女性にしか言わない愛の言葉を占いました。

前編に引き続き、てんびん座(9/23~10/23)~うお座(2/19~3/20)をご紹介します。

【後編】男性の星座別!本命の女性だけに言う「愛の言葉」って?

てんびん座(9/23~10/23)

てんびん座の男性は、ロマンティストなところがあり、柔らかな物腰で無意識のうちに女性をその気にさせることも多いみたい。

そのため、彼の言動から好意を見抜くのは難しいタイプと言えるでしょう。

それでも、早く付き合いたい気持ちがあふれると、相性のよさをアピールしようと「気が合うね」「一緒にいると楽しい」といった言葉を使いだすようです。

さそり座(10/24~11/21)

言葉を使った愛情表現を苦手とする傾向にある、さそり座の男性。

彼の場合は、「なにを言うか」よりも「どんな態度か」の方が好意を見極める材料になりそう。

側にいると挙動不審になったり、露骨にじっと見つめたりと、特別な感情を抱いていることが明らかなふるまいを見せるはずです。

いて座(11/22~12/21)

いて座の男性は、自分の好意に素直に従いがち。

友達や仕事仲間として、すでに親しい関係にあるなら、ためらいなく「好き」と言う可能性が高いです。

いきなりの告白が難しい仲なら、まずは1対1の食事に誘い、2人きりで話せるシチュエーションを作ってから「付き合いたい」「彼女になって」と言うタイミングを計るかもしれません。

やぎ座(12/22~1/19)

恋愛を結婚までのステップとして捉える一面がある、やぎ座の男性。

恋愛に関しては奥手であることが多く、本音を探り出すのは簡単ではないでしょう。

言葉で愛を伝えない分、困っているときに助けて愛情を表現しようと、「なにかあったら相談して」が口癖になっていそうです。

みずがめ座(1/20~2/18)

みずがめ座の男性は、自分なりのこだわりやルールに従って生きるタイプです。

気の利いたセリフは思いつかないし、また言うつもりもないのかも。

「なんか今日いい感じだね」「モテなそうだけど、俺は好き」など、ほめられているとは思えない言葉が、感じたことを素直に表現した彼なりの愛情表現の可能性があります。

うお座(2/19~3/20)

恋愛自体を好むところがある一方で、意外と受け身になりがちな、うお座の男性。

自分から愛を伝えるのは得意ではないのか、「君の好きにしていいよ」「そういう考え方、いいと思う」といった、同調で好意を示そうとするみたい。

けれどそれ以上に、いつも一緒にいたがる態度やさりげないボディタッチなど、距離感の近さから彼の本気度は読み取れそうです。

彼の愛情表現を逃さないで

気になる男性が使いがちな愛情表現の方法を知っておけば、意味深な発言に悩むことは少なくなるはず。

好意のサインを逃さずキャッチして返すことで、2人の関係は一気に進展するものです。

彼なりの愛の言葉に気付いたら、ストレートに思いを伝えてあげましょう。

(沙木貴咲/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】男性の星座別!本命の女性だけに言う「愛の言葉」って?