気になる彼に送ったLINEが既読無視されていたら、ショックなうえに自分に興味がないのかと、不安にもなると思います。

でもじつは、LINEの内容次第では、好きな女性に対しても返信しない男性もいるのです。

そこで今回は、男性がLINEを返さないときの心理を3パターンご紹介します。

本命でもスルーはありえる!男性がLINEを返さないときの心理3パターン

スタンプで区切れたと思っている

「好きな子と何往復かLINEして、『おやすみ』って送ったらかわいいスタンプが届いたから、それが終わりのサインだと思ってたんです。
そしたら、後日『私がスタンプを返すといつも既読スルーだよね』と言われて驚きました」(28歳男性/SE)

「おやすみ」や「また明日」など、会話の終わりに使いそうなフレーズの後、女性からスタンプが送られてくると、それを会話終了のサインと捉える男性は多いようです。

そのため、当然の対応をしただけで、スルーしたと思っていないことも。

男性のLINEの引き際は、女性よりもあっさりしている傾向が強いので、すでにやり取りをしていたなら、既読スルーにカウントしない方が幸せな気分でいられますよ。

返信の必要を感じない

「『暑いー!』の一言だけとか、『友達とカフェにいる』とかのLINEって、返事する必要があるとは思えないんですよね。
『そうなんだ!よかったね!』って心のなかで思ってたら『たまには返事が欲しい』って言われたけど……」(26歳男性/飲食)

女性の現状報告に対し、心のなかで「そうなんだ~」と思って終わりという男性も少なくありません。

文面が自分の感情のみのシンプルなものだと、余計にそうなりやすいかも。

とはいえ、共感を言葉にしてほしければ、その思いを伝えることも忘れずに。

時間をかけて真面目に考えている

「彼女から『明日美容院行くんだけど、前髪を切るか伸ばすか迷ってる』とLINEが来たんですけど、安易に『短い方がかわいい』とか返せなかったんですよ。
仕事中だったのもあるけど、普段から大事に伸ばしてスタイリングにも時間かけてたから。
それで、よく考えて後で返事しようと思っていたら『明日の話してるのに、ちょっと冷たい。どうでもいいの?』と怒られました」(29歳男性/コンサル)

女性としては「彼の好みに合わせたい」と思っていても、「気軽に答えるわけにはいかない」と考えていることも。

相手のことを大切に思っているからこそ、時間をかけて返事をしようとする男性は多いです。

LINEを送った時間帯や普段の返信頻度から、気長に待つことも大切ですよ。

返事が来るまで気長に

男性にその気がなくても、女性が既読スルーだと判断するパターンは珍しくありません。

好きな人からの返信は、ほかの人よりも待ち遠しく思えるものですが、少なくとも既読をつけている時点で無視する意図はないはず。

「自分が好きになった彼は、人のことを簡単に無視できるか」と考えてみれば、不安も和らぐのではないでしょうか。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)