誰もが「仲良くなりたい」「お近づきになりたい」と思うような女性になれたら、自然と恋のチャンスも増えるもの。

けれど、なにもせずそこにいるだけでは、憧れの存在になることはできないでしょう。

そこで今回は、職場で広く愛される女性の特徴を4つご紹介します。

誰からも愛される!職場で憧れの存在になるための4つのポイント

自分の仕事をしっかりこなす

自分の魅力をアピールすることよりも、自分の仕事をきちんとこなすことの方が、職場での魅力を高めるには有効です。

いくらおしゃれな服装を毎日保っていても、ミスが多くて周りに迷惑をかけっぱなしの人が、憧れられることはありませんよね。

まずは自分の仕事に集中し、必要に応じて人を頼るなど、目標に向けた適切な判断を重ねることで、本当の「仕事ができる人」に近づいていきますよ。

余裕のある態度

毎朝最初に抱く印象に関しては、少し早めに出社してみんなに挨拶をする人の方が、始業ギリギリで駆け込んでくる人よりも当然いいはず。

さらに、普段から笑顔を保ち、心に余裕がある様子を見せることが大切です。

仕事を嫌がる態度が全開になっていると、本人の魅力まで半減してしまうので、距離を置かれやすくなるもの。

メリハリをつけて仕事に臨み、その場その場で柔軟に対応できる姿は、職場内で憧れられるためには欠かせません。

いい姿勢

姿勢のよしあしは、外見や雰囲気の印象を大きく左右するものです。

猫背や椅子にもたれた姿勢では、見るからに疲れていてだるそうな、いやいや仕事をしていそうな印象に。

背筋を伸ばして座り、歩くときも軽快に、美しくスマートな姿勢を意識しましょう。

そうすれば、男性の視界に入ったとき、確実に好印象を積み重ねていけますよ。

きちんと整った身だしなみ

内面の魅力は、相手があなたに興味を持って、深く関わろうとして初めて知ってもらえるもの。

当然、第一印象で距離を置かれてしまえば、本来の武器を活かせずに終わってしまうことも考えられます。

視覚から得た情報は、印象形成に強く影響するので、憧れの存在になるためには「身だしなみ」を整えることが最重要とも言えるでしょう。

しわのないスーツやシャツ、上品な服装に加え、可能なら匂いにも意識を向けてみてください。

汗や洗濯物の匂いを防ぐことはもちろん、香水は動いたときにふわっと香る程度がベスト。

自分でもつねに感じるようなら、付けすぎの可能性が高いので注意ですよ。

今日から憧れの存在に

「あの人みたいになりたい」「そばにいるだけでドキドキする」と思われる存在になれば、性別関係なく愛されること間違いなし。

その憧れの感情に親しみやすさが加われば、いつ恋愛感情に発展してもおかしくありません。

基本的な身だしなみはもちろん、日頃の職場でのふるまいを見直して、素敵な出会いを手にしましょう。

(橘 遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)