気になる彼に振り向いてほしいのに、なかなか好意を抱いてもらえない……そんな経験はありませんか?

振り向いてほしいからと、あまりにしつこく格好悪いアプローチはしたくないものですよね。

ですがせめて、ちょっとくらい彼に「いいな」と思ってもらえたら……。

そんなときは、彼の「嫉妬心」を煽ってみるといいかもしれません。

そこで今回は「男性をほどよく嫉妬させる方法」をご紹介します!

彼の関心を引き出す!男性を「ほどよく嫉妬させる方法」3つ

私生活の充実ぶりを話す

「親とオーストラリアに行ってきた~!って、屈託のない笑顔で話してくれた後輩がいて、とっても楽しんでいていいなぁと思いましたよ。
親御さんもいい表情をしてたので、親孝行な子だなと思って好感が持てました。
俺とも旅行しようよと言いたくなる(笑)」(30歳男性/総務)

男性との付き合いが多い女性であることはマイナス要素になってしまいます。

彼を嫉妬させたくて「男友達とどこかへ行った」といった話をしてしまう女性がいますが、それは逆効果でしょう。

彼に「軽そうな女性だな」と思われることなくちょっとした嫉妬心を持ってもらうために、女友達や親と旅行へ行く(行った)ことを話してみて。

私生活の充実っぷりに嫉妬するものの、その嫉妬には爽やかささえ感じられますね。

親や友人を大切にする子なんだと思ってもらえて、さらに「自分にも構ってほしいかも……」と思わせることができそうです。

交友関係の広さをアピール

「起業セミナーに行ってきたって話を同期から聞いていいなぁと思いました。
だって自分もいつかは起業したいと思ってましたから……。
いろんな業界の人と名刺交換したとか聞いて、一緒にセミナー参加した人同士の画像とかSNSにアップされているのを見て、嫉妬心が湧いた(笑)。
でもね、そういう行動力があるところが素敵だなって思ったりもするんですよ。
そのこととか、将来的に独立して起業するのかとかいう話にも発展して、少し仲が縮まりました」(27歳男性/デザイナー)

男性との交流が盛んだという話ではなく、他業種の人と関わり持っているということを匂わせるだけで野心家な男性は「いいなぁ」と思うよう。

行動力がある女性に惹かれるという男性は、案外多いもの。

嫉妬心を少しだけ燃やしてもらいながらも、話が弾む話題を振ってあげて仲を深めましょう。

「趣味での繋がり」を話す

「無趣味の俺にとっては、趣味の手芸の品が地元のカフェに置いてもらえるようになったっていう女の子の話が羨ましくて嫉妬しました。
確かにその子の付けているアクセサリーってナチュラルでかわいいなって思ってたんですけど……。
趣味と実益を兼ねていて、楽しそうでいいなぁっていうのがやっぱり本音ですかね。彼女と話していると、いい刺激がもらえますよ」(29歳男性/販売員)

趣味はなんですかと聞かれて答えられるものがないという人って、意外と多いんです。

趣味での繋がりについて話すことによって、プライベートが充実している女性だとわかってもらい、興味を持ってもらえるでしょう。

ほどよく嫉妬してもらおう♡

どのテクも、男性の自尊心を築けたり、軽い女なのではという不安感をあおったりするものではないというところがポイントです。

充実している姿を見せつけているにも関わらず、不快にさせずにちょっとだけ嫉妬してもらえるというのがいいところだと言えますね。

(コンテンツハートKIE/ライター)

(愛カツ編集部)