昔からなぜか一緒にいることが多く、なんだかんだで長い付き合いになる人っていますよね。

それは同性にも、異性にも当てはまると思います。

そこで、12星座別に「学生時代から続く固い絆で結ばれているの人の特徴」を占いました。

今回は前編に引き続き、てんびん座(9/23〜10/23)〜うお座(2/19〜3/20)のご紹介です!

【後編】星座占い・「学生時代から続く」固い絆で結ばれている人

てんびん座(9/23〜10/23)

てんびん座と絆の深い相手は、なにかをつくりたいクリエイタータイプ。

芸術的な要素を持っているかもしれません。

とくになにもないところから形あるものをつくっていきたいと感じているでしょう。

もしかするとそれは、てんびん座にとっては子供じみたものかもしれません。

しかし、それを応援してすれば、感性に刺激を与えることができて喜ばれるでしょう。

さそり座(10/24〜11/22)

さそり座と絆の深い相手は、直感に優れ、目に見えない感覚でものごとを決めていくようです。

感性が鋭くて、達観したものの考え方を好むでしょう。

その反面、周囲に対して関心が薄くなり、自分の世界に没頭してしまうところが。

少し理解に苦しむところもありますが、センスが冴えているその相手とさそり座の感性が一致すれば、驚くような急展開もあり得ます。

ただし、勘違いには気を付けて。

いて座(11/23〜12/21)

いて座と絆の深い相手は、自分のやりたいことや目標が明確に定まっています。

最初は恋愛まで目が向かないかもしれませんが、自分に理解を示して味方になってくれる人に対してはとても開放的になるでしょう。

本心は少し不安な部分や心配事があるので、いて座はそれを取り除けるように話を聞いてあげるとよさそう。

彼に対しては、とくに聞き上手に徹することが大切です。

まずは友達の関係から始めてみて。

やぎ座(12/22〜1/19)

やぎ座と絆の深い相手は、つねに前進していたい進歩的な気持ちを持っているタイプです。

将来のことをしっかり考える真面目な相手でしょう。

そのため、チャラチャラした誘い方をするのはNG。

誠実に付き合いをすれば仲良くできるでしょう。

遊ぶ場所も比較的落ち着いたところが吉。

付き合いが始まると、安定的で穏やかな関係をつくっていけるでしょう。

みずがめ座(1/20〜2/18)

みずがめ座と絆の深い相手は、探究心が旺盛でものごとの真理を掴むのに優れています。

そのため、新しいものに対する知的好奇心が高いといえます。

もしもみずがめ座が誘おうとするなら、新しくできたお店やアミューズメント施設がいいでしょう。

その相手は知的で新鮮な会話に魅力を感じるため、いつまでも新鮮な2人になれそう。

うお座(2/19〜3/20)

うお座と絆の深い相手は、愛情深く人のためになにかをしたい精神を持っている優しい性格です。

人の気持ちに敏感で、人から愛されたいという思いを抱いています。

もしもうお座が甘え下手なら少し甘えたり、頼る努力をしてみて下さい。

その相手にとっては自分を必要としてくれる人ほど、愛しい気持ちになるはず。

やや気分屋なところがありますが、一緒にいるだけでとてもあたたかい気持ちになれるでしょう。

相性を確かめて!

相性のよし悪しは、必ずあるものでしょう。

しかし、絆の固さはお互いが成長しながら深まっていくものであるため、相性を超越したところにあります。

ぜひ参考にしてくださいね!

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)

【前編】星座占い・「学生時代から続く」固い絆で結ばれている人