「大好きな人と結婚して、ずっと幸せに暮らしたい」

パートナーから一生大切にされたいと思うのは、自然なことです。

ただ、ずっと大切にしてくれるかどうかは、しっかりと見極めなければなりません。

そこで今回は、「結婚後も大切にしてくれる」男性の見極め方をご紹介します。

逃しちゃダメ♡「結婚後も大切にしてくれる」男性の見極め方3つ

自分と生活スタイルが似ている

類似性……つまり似た者同士と好意の関係は、非常にわかりやすいでしょう。

価値観が似れば似るほど、好意が増すとされているのです。

ただし、好意と関係したのは類似度であり、類似数ではありません。つまり、すべてにおいて似ている必要はありません。

食べ物や洋服の好みなど生活にまつわるスタイルが深く似ていれば、他が違っていても相性はバッチリなんですね。

あなたと彼がそういった生活感の面で深く似ていれば、結婚後も気持ちが通い合い、ずっと優しくしてくれるでしょう。

なにかとタイミングが合う

お互いの動作がまるで鏡に映っているかのようにシンクロしている……。

このような現象は、お互いが心理的に同調している場合によく見られるもの。

もしもあなたが、水の入ったグラスを彼と同時に取ったり、ランチに行くタイミングが一緒だったりしているなら、彼との相性がいいことの証。

そんな相手なら、結婚後もずっとあなたと波長が合い、大切にしてくれるはずですよ。

損得勘定で行動していない

結婚後、愛のある関係を築けるかどうかは、「交換的な人間関係」を重視しているか、を見てみましょう。

「交換的な人間関係」とは、やったことに対してすぐにお返しをしたり、与えたのに返してもらえないと不満を感じるという関係です。

こういったドライな発想を持つ男性は、結婚相手としては避けたほうがいいかもしれません。

結婚生活のような損得に対してアバウトな間柄に、交換的な発想を持ち込むと別れの原因に。

損得勘定抜きに感情を大切にしてくれる彼なら、まず結婚生活は問題ないでしょう。

「思いやりある男性」は優良物件

思いやりがあり、ずっとパートナーを大切にしつづけられる男性は、ちゃんといます。

そんな「優良物件」をゲットするためには、あなたも日頃から周りの人を思いやることが大事ですよ。

そうすれば、友達がいい人を紹介してくれたり、人柄のいい男性から見初められたりして、自然とよい出会いに恵まれるでしょう。

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)