周りから見ていても、ずっとラブラブで仲良しなカップルっていますよね。

そのような長続きするカップルには一体どのような特徴があるのでしょうか。

今回は、長続きしているカップルが無意識にやっている習慣をご紹介します。

ずっとラブラブ♡「長続きカップル」が無意識にやっている3つの習慣

名前呼ぶ回数が多い

お互いに下の名前やあだ名で呼び合うカップルは、長続きする傾向があるようです。

というのも、脳は関心の薄い音を雑音として処理し、関心の強い音を優先的に聞こうとします。

なかでも、自分の名前は最も聞こえやすく、聞いていて心地のいいもの。

そのため、単純にお互いの名前を呼び合う回数が多いほど、親密さは増していくのでしょう。

なにげない会話のなかでも、意識して名前を呼んでみるといいかもしれませんね。

スキンシップが多い

身体に触れる行為は、直接的に相手に愛情を伝えることができるものです。

また、頻繁なスキンシップは恋人同士でないとなかなかできるものでもありません。

ラブラブなカップルは、「好き」と言わずとも、黙って優しく相手の身体に触れ合って、気持ちを確認し合っているようです。

言葉よりもスキンシップのほうが、愛情が伝わることもあるので、ぜひ意識してみましょう。

沈黙を気まずいと思わない

仲のいいカップルでも、デート中や電話中に話題がなくなることもあるでしょう。

沈黙はよくないことだというイメージがあるかもしれませんが、ときには「会話がない時間」も大切なのです。

長続きしているカップルは、黙ったままでも「居心地がいい」と感じるみたい。

じつは、話をしているときよりも沈黙しているときのほうが、男女の仲は深まるという心理学上の研究もあります。

もし会話が止まったら、無理に会話を引き伸ばそうとせず、じっと彼の目を見つめてみてください。

きっと言葉のコミュニケーションにはない、2人だけの心のつながりを感じられるはずですよ。

ずっとラブラブでいるために…

長続きしているカップルが、なにか特別難しいことをやっているということはありません。

お互いを信頼し、愛情を伝え続けることができれば、きっと長続きするはず。

ぜひ参考にして、素敵な関係を育んでくださいね!

(脇田尚揮/占い・心理テストクリエーター)

(愛カツ編集部)