同棲の先に結婚を考えていたとしても、実現するとは限りません。

結婚まで進むためには「とりあえず同棲する」のではなく、同棲前にいろいろなことを話し合っておく必要があります。

今回は、同棲前にカップルが話し合っておくべきことを3つご紹介します。

意外と決めてないかも…結婚のために「同棲前に決めておきたいこと」3つ

お金

家賃や食費、光熱費など、お金についての話し合いは同棲前に行っておきましょう。

とくにお互いの収入を考えて、どのくらいの割合で生活費を出しあうかは重要なポイントです。

結婚後に「失敗した……」と思わないようにするためにも、同棲中にお金のやり繰りを体験することは大切なことでしょう。

生活のルール

お金についてまとまったら、実際に一緒に生活を送る上でのルールを話し合いましょう。

とくに共働きであれば、家事の分担をどのようにしていくか細かいところまで決めておきたいところ。

ほかにも、事前連絡なしで友達を招き入れない、勝手にペットを飼い始めないなど、お互いにとってのNGをルール化しておくことも大切です。

楽しく生活を送るためにも、ストレスの原因になりやすいものはなるべく減らしておきましょう。

同棲する期間

結婚を見据えるのであれば、同棲する期間を決めましょう。

ダラダラ同棲を続けて、結婚に至らない……という事態を避けるためです。

たとえば借りている家の更新が2年おきであれば、同棲も最長2年。それまでに結婚の話がまとまらない場合は、同棲解消という手段もあります。

それくらいの覚悟がないと、男性もなかなか結婚に踏み切れないこともあるんです。

同棲が始まってから結婚の話題を持ち出すと、「そのうちね~」などと流される可能性もあります。

好きという気持ちだけでは続かない

「好き」という気持ちだけで円満な生活を送るのは難しいものです。

男性のなかには、同棲を始めると「このままでいいや」と思ってプロポーズを先延ばしにする人もいるようです。

結婚を考えるのであれば、同棲前の話し合いは重要ですよ。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)