恋人に甘えたいとき、「○○したい」「ちょっと聞いてほしいな」といった気持ちを、自分から伝えることが苦手な人もいます。

とくに年上の男性は、普段のクールな態度や年上としてのプライドから、分かりやすい表現の仕方ができないこともあるのです。

そこで今回は、男性が年下の彼女に甘えたいときのサインを3つご紹介します。

見逃さないで!年上の彼氏が甘えたいときに出す3つの難解なサイン

疲れから無口になる

「男なら分かると思うんですが、年下の彼女に『疲れた!甘えたい!』とか絶対に言えないんですよね。
でも、態度は正直なので、元気にふるまえなくて無言にはなるかも」(30歳男性/メーカー営業)

彼氏が突然無言になったり、「そういえば今日は無口だな~」と感じたりするときは、彼が疲れている可能性が高いです。

そして、出来ることなら彼女に甘えたいけれど、それを素直に言えないのかも。

そんな複雑な心境を察して甘やかしてあげられれば、彼が抱く愛情はさらに深くなるでしょう。

中身のないLINEを送る

「疲れたなってときは、とりあえず構ってほしいからスタンプだけとか、一言『なにしてるの?』とかのLINEを送っちゃいます。
彼女からの返事が来たら、テンション上がります」(27歳男性/エンジニア)

LINEの内容自体はたいして重大でもないのに、返信のスピードがかなり速いときってありますよね。

これは彼なりの甘え方で、「構ってほしい」のサインということも。

あからさまに面倒くさがらず、「どうしたの?」「なにかあった?」と聞いてあげることをおすすめします。

終わりを引き延ばす

「甘えたいって思ったら、彼女と一緒にいられるように、デートの終わりを引き延ばしちゃいますね。
ドライブしてたら『どこかほかに寄るところある?』とか、『喉乾かない?』って聞いたり……(笑)」(29歳男性/美容師)

甘えたがっているサインとしては、かなり分かりやすいパターンでしょう。

デートの終わりを寂しく感じ、「もっと一緒にいたい」と思う気持ちに性別は関係ありません。

彼がやたらと一緒にいられるように仕向けているようなら、それに応えて甘えさせてあげることで、大きな癒やしを与えられるはずですよ。

難解なサインを見逃さないで

彼女に甘えたいと思っても、具体的な言動に表すことができない男性もいるのです。

とはいえ、普段はそんな素振りを見せない彼が、精一杯の「甘えたい」サインを出すのは、彼女であるあなたを深く愛しているからこそ。

分かりにくい言動を見極めて、疲れた彼を癒やしてあげてくださいね。

(愛カツ編集部)