将来的には大好きな彼と結婚したいけれど、強引なアプローチをして避けられるのは嫌……そう考えている女性は多いと思います。

結婚願望のアピールが強すぎると、重苦しい気分になって距離を置こうとする男性は少なくありません。

そこで今回は、男性が嫌がるやりすぎな結婚したいアピールを4つご紹介します。

焦りは禁物!男性に避けられるやりすぎな「結婚したい」アピール4選

会うたびに「結婚したい」アピール

「元カノと交際していた頃は、初期から『友達が結婚した』だの『私も早く結婚したいな』だの、会うたびに結婚アピールされて、重かったしプレッシャーだった」(32歳男性/不動産)

意識が結婚に向いていると、どうしても関連した話題や「結婚」というワードが出やすくなるもの。

しかし、相手の気分が盛り上がっていない段階でアピールをしても、結婚を迫る彼女にプレッシャーを感じる男性の方が多いはず。

直接的な表現は避け、彼にも「結婚っていいな」と思ってもらえるような工夫を重ねてみましょう。

ブライダルフェアに黙って連れていく

「デートの日に『連れて行きたいところがある』と言われて、着いた場所がまさかの結婚式場でした。
勝手にブライダルフェアに申し込んでいたらしく、彼女はテンション高かったけど、俺は気分も上がらなかったし、なんかどっと疲れましたね」(31歳男性/コンサル)

将来について話し合ってもいない段階で、ブライダルフェアに行くのはかなりのチャレンジャーと言えます。

結婚を想像させるのに効果的な場所だからこそ、タイミングの見極めが重要かもしれません。

交際初期に実家へ連行しようとする

「結婚願望が強い子と付き合ってしまったときは、正月に半ば強引にその子の実家に連れて行かれそうになった。
付き合って数年とかならまだしも、まだ2、3ヶ月の頃だったから『さすがにちょっとまだ早い』と断ったけどね」(30歳男性/IT)

両親や地元の友達に会わせるなど、外堀から埋めていく作戦は、流れに乗ってくれる男性がいる一方で、恐怖を感じて逃げられることも。

交際を始めたばかりなら、なおさら露骨なアクションは避けることをおすすめします。

告白に結婚前提か確認

「友達の紹介で年上の女性と知り合って、3回目のデートで告白したら、『結婚前提ってことでいいんだよね?』と押されたんですよね。
さすがに結婚までは考えてなくて、答えに戸惑っていたら『え?結婚考えてないの?』とさらに追い込まれました。
アラサーと交際をするときは結婚も考えないといけないのか……」(25歳男性/公務員)

恋愛を結婚のためのステップと考える人は、男女ともに少なくはないはず。

しかし、出会った時点からお互いが結婚前提であることに納得していなければ、突然の確認に身構える男性は多いでしょう。

彼が将来のことをどう考えているのか、それとなく聞き出しておくことも必要ですよ。

焦らずペースを合わせて

結婚を望む気持ちが強すぎると、焦りから重めのアプローチに出てしまう人もいると思います。

しかし、いまの彼氏と確実に関係を進展させていきたいなら、歩調を合わせることがなによりも大切です。

いきなり大きな感情をぶつけるのではなく、将来のビジョンや結婚願望などを小出しにしていくことをおすすめします。

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)