恋愛と結婚を別物と捉える男性は多く、当然恋人と結婚相手では、異なる要素を求めがち。

どんな女性を理想とするかを知っておけば、結婚のチャンスをものにしやすいはずです。

そこで今回は、男性が「結婚したい」と思う女性の特徴を4つご紹介します。

恋人とは理想も違う!男性が本気で結婚を考える女性の4つのポイント

お金の管理がしっかりしている

結婚後は、パートナーにお金の管理を任せたいと思う男性は少なくありません。

だからこそ、計画的に家計を回し、将来のための貯金もしつつ、ときには臨時収入をくれるくらいのやりくりができる女性を理想とするのかも。

過度な節制も浪費もなく、適切な金銭管理ができることをアピールできれば、結婚相手として前向きに考えられる可能性は高いですよ。

感謝を言葉で伝えられる

結婚して共同生活を始めると、それまでは相手の厚意や思いやり、気遣いとして受け止めていたものが「当たり前」になりがちです。

しかし、それに対する感謝の気持ちを伝えてこそ、幸せな生活が成り立っていくというもの。

共働きでも、家事を一方が受け持つとしても、お互いが「自分の方が……」を前面に出せば、不満のぶつけ合いは避けられません。

日頃から「ありがとう」「いつもお疲れ様」といった言葉をかけることで、穏やかな生活が送れるでしょう。

心身を癒やしてくれる

仕事で疲れた心と体を、パートナーに癒やしてほしいと思う男性は多いです。

帰宅を笑顔で出迎えたり、体を労わる一言を投げかけたりすることで、相手を大切に思っていることは十分に伝わるはず。

ときには、膝枕やお風呂で背中を流すなどの、スキンシップを兼ねた安らぎ行為も効果的。

一緒にいて安心できる、居心地のいい雰囲気を作ってくれることは、男性の理想のひとつと言えます。

家事のスキルがある

共働きが珍しくない現代でも、結婚相手に家事のスキルを求める男性は少なくありません。

家の中が清潔に保たれることはもちろん、ホッとするおふくろの味を作れる女性を好み、栄養面の管理までできればなおよし。

さらに、洗濯やアイロンまできっちりできて……など、男性の要望は留まることを知らないかも。

とはいえ、結婚への近道として家事スキルを磨くことがあり、家事のできない女性が、結婚相手としての魅力を欠くのもまた事実。

ただ、交際中にきちんと話し合って、お互いが納得するバランスを見つけておくことも大切ですよ。

恋愛と結婚では理想も異なる

必ずしも将来を見据えているとは限らない恋人に対して、結婚相手は今後の人生を共にする存在です。

そうなれば、現実的な目線でパートナーを選ぼうとすること自体は、仕方のない部分があります。

男性の理想を演じながらも、2人で幸せになれる工夫を重ねて、素敵な未来を手にしましょう。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)