「金運アップ」と聞くと、ついお金を稼ぐことばかり考えてしまいますよね。

しかし重要なのは、お金をどう稼ぐかではなく、どう使うか。

自分に合った使い方を選択することで、結果的により多くのお金を手にすることができます。

そこで今回は、女性の星座別に「金運を上げるお金の使い道」を占いました。

前編に引き続き、てんびん座〜うお座までをご紹介します。

【後編】12星座占い!あなたの金運を上げる「お金の使い道」

てんびん座(9/23~10/23)

【健康医療費】

なにごとにもバランスよく取り組み、結果を出すてんびん座。

金運はばっちりですが、それもこれも健康あってこそ。

健康であることが、なによりもてんびん座に自信を与えるのです。

定期健診にきちんと行って、医療費には糸目をつけないのがよいでしょう。

さそり座(10/24~11/21)

【貢ぐ】

愛しているものにお金をかけることで、さそり座の金運は輝きます。

つまり、貢ぐことが金運アップにつながるのです。

ただ、貢ぎすぎて一時的にお金がなくなることもあるかもしれません。

しかしきっと、不思議な縁でお金が補填されるでしょう。

いて座(11/22~12/21)

【すぐにお礼をする】

思い立ったらすぐ行動するいて座。

大胆な行動をして、周囲の人を巻き込むことも多いでしょう。

サポートしてくれた人や迷惑をかけた人には、すぐにお礼をすると金運が上がります。

そこではお金をケチらずに、相手が喜ぶものを優先してくださいね。

やぎ座(12/22~1/19)

【計画的なローン】

無駄なお金を使うのが嫌いなやぎ座は、その経済観念がすでに金運を上げています。

そのため、借金なんて論外と思いがちです。

しかし、住宅購入など必要な出費でローンを支払うことが、金運アップのきっかけになります。

計画的なローンを組むことで、仕事のモチベーションも上がるでしょう。

みずがめ座(1/20~2/18)

【欲しいものを欲しいときに買う】

お金への執着が少なめなみずがめ座。

浪費にも節約にもあまり興味がなく、自分が金持ちでも貧乏でも淡々と受け入れる傾向があります。

しかし、金運気が停滞してしまいがちなのは困りもの。

欲しいものを欲しいときに買うことで、金運の流れができるでしょう。

うお座(2/19~3/20)

【固定費をちょっとリッチに】

うお座のまわりには、大きな金運の流れがあるといいます。

使えば使うほど、金運が上がったり下がったりするでしょう。

日常生活のレベルで金運を上げるためには、衣食住に関する固定費をちょっとリッチにするのが◎。

レベルの高い金運気を捕まえることができます。

金運アップを目指すなら…

お金を使うと、もちろん手持ちのお金は減ってしまいます。

しかしそれを恐れてお金を使わないでいると、なかなか金運はアップしません。

不安になるかもしれませんが、ときには思い切って使ってみるのが大事なのかもしれませんね。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)

【前編】12星座占い!あなたの金運を上げる「お金の使い道」