気になる人になかなか振り向いてもらえないときは、自分からアプローチするのもいいでしょう。

しかしいきなり大胆なアプローチをするのは、難易度が高いですよね。

まずは失敗することの少ない、簡単なアプローチから始めるのがオススメです。

そこで今回は、気になる彼を振り向かせる「さりげない気遣い」をご紹介します。

こっそりアピール♡気になる彼を振り向かせる「さりげない気遣い」

貰ったものを大切にする

「3年前旅行に行ったときに、会社のお土産にボールペンを買ったんですよね。

それを今でも使ってくれてる後輩の女の子がいて、なんだか見るたびにうれしくなります」(33歳男性/営業)

人からもらったものをいつまでも大切にする子って、温かいイメージがありますよね。

もちろんイヤなものを無理して使う必要はありませんが、気になる彼から貰ったものを愛用することで、好意を伝えるのもアリでしょう。

わざわざ自分から言わずに、こっそりと見せるのがポイントです。

体調の変化に気づく

「大学の講義中に、少し体調が悪くなってしまったときがありました。

そのとき女友達に『なんか体調悪そうだけど、大丈夫?』と言われて、思わず好きになりそうでしたね」(21歳男性/大学生)

疲れていたり体調が悪かったりするときに、気付いてもらえるとうれしくなりますよね。

男性はとくに弱みを見せるのが苦手なので、誰にも言わずに我慢していることも多いでしょう。

そこに気付いてあげられると、彼からの好感度もグッと上がるはずです。

そっとしといてあげる

「そっとしてほしいときを分かってる女性って、いいですよね。

落ち込んでいるときは、無理に話を聞こうとせずにただ隣にいてほしいです」(30歳男性/IT)

気になる男性になにかあったら、「助けてあげたい」と思うこともあるでしょう。

しかし変に首を突っ込むと、お節介だと思われてしまう可能性が。

そんなときはそっとしておいてあげるのが、1番のやさしさなのかもしれません。

すぐに効果はなくても…

さりげない気遣いは、なかなか気付いてもらえないこともあります。

しかし続けていれば、いつかきっと効果が現れます。

彼に気付いてもらえるまで、根気よく続けることが大切ですね。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)