好きな人とのLINE中は、相手がやり取りを楽しんでくれているか、気になる女性が多いと思います。

一度切り上げるべきか、それとも続けた方がいいのかなど、相手の気持ち次第で適切なふるまいは変わってくるもの。

そこで今回は、男性が好きな女性だけに送るLINEの特徴を3つご紹介します。

脈ありの可能性大!LINEから男性の好意を見抜く3つのポイント

質問が多い

好きな人のことほど知りたくなるのは、男性も同じなのかもしれません。

食べ物の好みや趣味といった王道の質問から、「なんでそんなこと聞くの?」と思われかねないような細かいことまで、本命の女性を質問攻めしてしまう男性は多いようです。

また、会話を途切れさせないために、疑問文でつなごうとすることもあるのだとか。

LINE中の質問の多さに疑問を抱いたら、彼なりの行為のサインという可能性がありますよ。

自分から他愛のない会話を始める

用件のないLINEのやり取りを好まない男性は少なくありません。

しかし好きな女性が相手なら「どんな内容でもいいからつながっていたい」と考え、他愛もない話題を振ることも。

本命の人とLINEができれば、それだけでも楽しく、お互いのことをもっとよく理解する手段として、会話を続けたがるのでしょう。

「いまなにしてる?」「○○行ってきた」など、目的のなさそうなLINEは、彼があなたとの仲を深めるために送ったものかもしれませんよ。

普段は使わないスタンプを送る

普段絵文字やスタンプをめったに使わない男性も、好きな女性には使うことがあるのだとか。

その裏には「不愛想だと思われたくない」「会話を盛り上げたい」といった思いがあるようです。

好きな人に、自分とのやり取りを少しでも楽しんでもらいたいという気持ちは、男性も当然抱くもの。

彼が珍しくスタンプを送ってきたら、好意の証拠である可能性は低くありません。

テイストの近いスタンプを送り返して、距離を縮めるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

文面から特別な感情を読み取って

文章でのやり取りが中心のLINEからでも、相手の男性の気持ちを読み取ることはできるようですね。

重要なのは、彼がなにを送ったかではなく、彼の発信の中に、あなただけに送った「特別なメッセージ」があるかどうかです。

普段の彼の言動と比較して、自分への好意のサインがないか、探してみましょう。

また、彼が乗り気でなさそうなときは、早めに切り上げることで好印象を抱いてもらえるかもしれませんよ。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)