手軽にメッセージを送ることができ、好きな人との関係を深めるのには欠かせないLINE。

彼とのやり取りから気持ちの変化を読み取ることができれば、より効果的な使い方ができるはずです。

そこで今回は、彼女への好意が冷めてきた男性が送りがちなLINEを、干支別に占いました。

まずは前編として、子(ねずみ)年~巳(へび)年をご紹介します。

男性の干支別!彼女への好意が冷めると送りがちなLINEって?【前編】

子(ねずみ)年生まれ

子(ねずみ)年生まれの男性は、好きな相手にはマメに対応するタイプ。

反面、好意が冷めてくると扱いが露骨に雑になり、「へえー」「すごいね」「ふーん」といった、心のこもっていない相づちばかりになるよう。

くじけずに、用件のあるメッセージを、主語と述語をはっきりさせて送りましょう。

丑(うし)年生まれ

融通の利かないところがある、丑(うし)年生まれの男性。

自分が冷めてきたと自覚すると、その瞬間にピタッと連絡が止まりやすいみたい。

メッセージに反応がもらえなければ、より大胆なアクションとして「話したいことがあるから会いに行きます。いつが都合よいですか?」とLINEをし、電話してみることをおすすめします。

寅(とら)年生まれ

寅(とら)年生まれの男性は、時間とともに冷めやすくなる傾向にあります。

内に秘めた理屈っぽさが現れるのか、「なにそれ」「どういうこと」と問い詰めたり責めたりするようなLINEが多くなるのだとか。

交際初期の思い出を盛り込んで、気持ちを思い出してもらうことが効果的かも。

卯(うさぎ)年生まれ

好意が薄れても、相手ともめることは好まない一面がある、卯(うさぎ)年生まれの男性。

返事はマメに返しながらも、デートには発展しないよう「仕事が入るかも」といった不可抗力を理由に一定の距離を保ちそう。

急に都合が合わなくなっても焦らず、「いつかは会えるはず」とアポを取り続けることが重要と言えます。

辰(たつ)年生まれ

辰(たつ)年生まれの男性は、そもそもLINE自体を苦手としがち。

気持ちが冷めてくると、微妙なニュアンスの調整を止め、ストレートなダメ出しが増えるようです。

彼のまっすぐな言葉には、同じくまっすぐな表現で気持ちを伝えることが有効でしょう。

巳(へび)年生まれ

恋人にも簡単には本心を打ち明けないタイプの、巳(へび)年生まれの男性。

冷めた感情を相手にぶつけたくなり、「そんなことやってるんだ」「暇なんだね」などの嫌味なLINEが増えるのだとか。

感情的になって返すのではなく、冷静に「そんなこと言わないで」と心を広さを見せることがプラスに働くはずです。

冷めたように感じても慌てずに

彼の対応が冷たくなったときは、1人になって思考を整理したがっている可能性もあります。

そのときは、何度もLINEを送るより、見守るような姿勢を保つことも大切と言えます。

気になる男性の気持ちの変化を捉えて、不用意なLINEは避けてくださいね。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)

●【後編】男性の干支別!彼女への好意が冷めると送りがちなLINEって?