手軽にメッセージを送ることができ、好きな人との関係を深めるのには欠かせないLINE。

彼とのやり取りから気持ちの変化を読み取ることができれば、より効果的な使い方ができるはずです。

そこで今回は、彼女への好意が冷めてきた男性が送りがちなLINEを、干支別に占いました。

前編に引き続き、今回は午(うま)年~亥(いのしし)年をご紹介します。

【後編】男性の干支別!彼女への好意が冷めると送りがちなLINEって?

午(うま)年生まれ

午(うま)年生まれの男性は、自分の気持ちの変化を隠さず、ストレートに伝えるタイプです。

そのため、「ちょっとさ、最近冷めてきてるんだよね」とLINEで申告してくる可能性も低くはありません。

「じゃ、テンション上げよう!どこに遊びに行く?」など、あくまで前向きな提案で、関係の再燃を狙うことをおすすめします。

未(ひつじ)年生まれ

自信を失いがちで、自分が冷めたのと同時に「相手も冷めているんじゃ……」と考える、未(ひつじ)年生まれの男性。

「君にはもっとふさわしい人がいるよ」といった、ネガティブなメッセージを送ってしまうようです。

きっぱりと否定してまっすぐ好意を伝えれば、「そうかも」と考え直してくれるはず。

申(さる)年生まれ

申(さる)年生まれの男性は、好意が薄れるとそのまま別の女性に興味を持ち始めるところがあります。

新しい出会いに夢中になり、「忙しい」やスタンプのみの返信が増えるかも。

しかしほめ言葉には弱いので、「仕事できるから忙しいんだね」と持ち上げれば、意外にも気を引けるでしょう。

酉(とり)年生まれ

相手をじっくり選んでから付き合う傾向にある、酉(とり)年生まれの男性。

自分が冷めるとは全く思っておらず、彼女に「なにかあった?」と聞いて、違和感の原因を突き止めようとしそうです。

女性側は変わっていないことを、時間をかけて説明することが有効と言えます。

戌(いぬ)年生まれ

戌(いぬ)年生まれの男性は、気持ちが冷めても罪悪感から冷たい言葉をかけられない一面があります。

かといって、甘い言葉もつかえないため、言葉遣いがぎこちなくなるよう。

「もっと一緒にいたい~」と情に訴えるLINEを送ってみれば、関係修復のきっかけとなる可能性はあります。

亥(いのしし)年生まれ

好意が冷めると、時間と労力を割くことを無駄に感じ始める、亥(いのしし)年生まれの男性。

LINEを確認するのも面倒で、未読無視を繰り返すうちに相手の存在を忘れることも。

手ごたえがなくなってきたら、様々な手段でアタックして、思い出させることがカギになるでしょう。

冷めたように感じても慌てずに

彼の対応が冷たくなったときは、1人になって思考を整理したがっている可能性もあります。

そのときは、何度もLINEを送るより、見守るような姿勢を保つことも大切と言えます。

気になる男性の気持ちの変化を捉えて、不用意なLINEは避けてくださいね。

(紅伊珊瑚/占い師)

(愛カツ編集部)