好きな男性に「彼氏いないの?」と聞かれたら「いません」と即答できるけれど、その理由を聞かれると困ってしまう女性もいると思います。

彼はあなたに興味を持って聞いている可能性もありますが、返答次第では脈なしだと誤解させてしまうことも。

そこで今回は、好きな人からの「どうして彼氏いないの?」への答え方を4つご紹介します。

アピールチャンスかも♡気になる彼の「どうして彼氏いないの?」に対するベストな返答4選

「いい出会いがなかったの」

これまで文字通り出会いがなかったとしても、含みのある「いい出会いがなかった」と返すことをおすすめします。

単に「出会いがなかった」と言ってしまうと、そういう巡り合わせだったのか、当人に問題があるのか疑問を抱かせることになるでしょう。

しかし「いい出会いがなかった」なら、これから自分にチャンスがあるかも……と、相手に想像させることが可能です。

「いまはいないけど、欲しいな」

「いまはいないけど」がつくことで、必然的に「前はいた」ということになり、聞いてきた男性はここが気になりだすはず。

現在フリーであることに加え、恋人を欲していることが分かれば、アプローチをかけるハードルはグッと下がります。

そのため、彼はあなたのことをよく知りたくなり、「どうして?いつ別れたの?」など、質問を重ねてくる可能性が高いですよ。

「失恋しちゃったんです」

アプローチのチャンス化を知るために聞いた男性にとっては、相手に隙ができる失恋中は絶好の機会。

この返答に「いつから?」「なんで?」「付き合ってたの?」と深堀りしてくるなら、あなたへの興味は確かなものと言えます。

ただし、あまりに失恋からの期間が短いと、「関係が戻るかも」と様子見を長引かせかねません。

半年程度経っていることをさりげなく伝えれば、彼に「いま告白すれば行けるかも!」と思わせやすいでしょう。

「(あなたに)告白できないんです」

かなり上級者向けのテクニックですが、チャンスを確実にものにする一言かも。

彼が多少なりとも好意や興味を持っているからこそ、わざわざ質問してきているという状況を利用して、強烈なアプローチを仕掛けるのです。

サラッと言えれば当然ドキッとするし、真っ赤になっても効果は抜群。

自分が相手の視線や反応を意識してしまうのはもちろん、彼もあなたの存在を意識せずにはいられません。

アプローチのチャンスかも

男性が自分から「どうして彼氏いないの?」と探りを入れる裏には、「こんなにかわいいのにまさか?」「本当にいないのか?」などの疑念があるのです。

とはいえ、単に話すきっかけとして聞いてくる場合もありますが、やはり意味深な返答をすれば、そのあとあなたのことを意識しっぱなしになるかも。

少なからず好意を抱いているはずの相手に、強めのアピールを仕掛けましょう。

(只野/ライター)

(愛カツ編集部)